メニューを閉じる
2019年11月19日(火)
3156 : 建材・電気機械・金属卸
東証1部

【半導体商社大手】旧ユーエスシーと共信テクノソニックの統合で発足。

現在値(15:00):
1,955
前日比:
+18(+0.93%)

ブルーイノベーション、ドローンポート普及へ提携

2019/1/9 16:26
保存
共有
印刷
その他

ドローンのシステム開発を手がけるブルーイノベーション(東京・文京)は9日、UKCホールディングス(HD)、日本郵政キャピタル(同・千代田)と資本提携したと発表した。物流でのドローン活用を視野に、ドローンの離着陸を誘導する「ドローンポート」の普及で連携する。

ドローンポートの模様をカメラで読み取って着陸する

ブルーイノベーションが両社を引受先とする第三者割当増資を実施した。調達額は数億円規模とみられる。調達した資金は実用化に向けたドローンポートの開発に充てる。UKCHDとドローンサービスの販売で、日本郵政グループとドローンポートの実用化で協力を進める狙いがある。

ブルーイノベーションのドローンポートは、着陸場所に付けたバーコード状の模様をドローンに搭載したカメラで読み取り、ドローンが自動で着陸する仕組み。全地球測位システム(GPS)を使う場合より高い精度で指定の地点に着陸できるという。着陸地点に人がいる場合や風速が強い際には着陸を避ける安全機能を備える。屋内でも同様の仕組みでドローンを制御するシステムを開発する。

同社は国土交通省や東京大学と共同で、まず物流向けにドローンポートの開発を進めてきた。2017年には日本郵便とNTTドコモが参加し、長野県伊那市でドローンポートを使った長距離配送の実証実験をしている。

ブルーイノベーションの熊田貴之社長は「ドローンメーカーとは協業し、我々は離着陸のインフラを作る」と述べた。20年以降に都市部でも目視の範囲外でドローン飛行が解禁されることを見据え、ドローンポートを運行管理システムの標準にしたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

26件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World