メニューを閉じる
2019年8月26日(月)
7752 : 情報機器・通信機器
東証1部
日経平均採用

【複写機大手】国内販売力に定評。海外販路強化に注力。

現在値(10:07):
946
前日比:
-21(-2.17%)

リコー、RPA使い複合機のクラウド連携を容易に

2019/1/9 15:40
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

リコーは2019年1月8日、同社の最新複合機と外部のクラウドサービスを連携しやすくする「RICOH Intelligent WorkCore」の提供を開始すると発表した。「複合機で中小企業のクラウド活用を後押しし、生産性向上に寄与したい」とリコーの山下良則社長は話す。RICOH Intelligent WorkCoreの提供開始は1月23日。

リコーの山下良則社長

リコーの山下良則社長

リコーは新サービス向けに「会計・販売サービス連携」「製造生産管理サービス連携」など、外部のクラウドと連携するためのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を用意した。これらを使えば、請求書をスキャンするだけでクラウド側のOCR(光学的文字認識)機能が動作し、読み取った金額データなどを会計システムにRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で自動入力する、といった処理を容易に実現できるという。

リコーはこれまでもIT(情報技術)企業などの開発パートナーと共同で、複合機を使ったシステム連携の支援サービスを提供してきた。しかしOCRやデータ入力などの機能は、開発パートナーが構築し、動作検証をしなければならなかった。

これに対してRICOH Intelligent WorkCoreでは、従来開発パートナーが構築していた機能の多くを、動作検証済みのソフトウエアコンポーネントとしてリコーが用意する。複合機だけでなく360度カメラの「RICOH THETA」や電子白板の「RICOH Interactive Whiteboard」といった同社製品の動作も検証する。

リコーは19年春をめどに、RICOH Intelligent WorkCore向けのパートナープログラムを新設する予定だ。

「RICOH Intelligent WorkCore」の開発パートナー

「RICOH Intelligent WorkCore」の開発パートナー

新サービスの対象となる複合機は「RICOH IM Cシリーズ」。同機種の最大の特徴は、ファームウエアのメジャーバージョンアップを可能にしたこと。従来は不具合の修正程度だったが、新機能を追加するなど「業界で初めて新製品レベルのファームウエア更新をできるようにした。今後はスマートフォンのように、常に最新のソフトを提供していく」(山下社長)。

(日経 xTECH/日経SYSTEMS 矢口竜太郎)

[日経 xTECH 2019年1月8日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

241件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World