メニューを閉じる
2019年11月21日(木)
9697 : コンテンツ制作・配信
東証1部
JPX日経400採用

【ゲームソフト大手】新製品開発力に定評。格闘ゲームに強み。

現在値(15:00):
2,591
前日比:
+74(+2.94%)

18年の1位は「スパイダーマン」 ファミ通ランキング

2018/12/28 14:08
保存
共有
印刷
その他

ゲーム情報誌「週刊ファミ通」を発行するGzブレイン(東京・中央)によると、2018年にゲーム業界関係者が最も熱中した作品の1位は「スパイダーマン」だった。操作性やグラフィックなどアクションゲームとしての完成度の高さが評価されたという。上位3位はいずれもプレイステーション(PS)4対応ソフトが制した。

公表したランキングは「超流行(はや)りゲー大賞2018」。ゲーム好き著名人やクリエーターら128人が5作品ずつ順位付けして選んだ結果をまとめた。

1位の「Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)」はソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)がPS4向けに9月に発売した。週刊ファミ通の林克彦編集長は「アクションゲームとして完成度が高い」と分析する。

2位には1月にカプコンがPS4など向けに発売した「モンスターハンター:ワールド」が入った。オンライン上で仲間と連携して、モンスターを倒していくゲームシリーズの最新作だ。3位はSIEが5月に発売したアドベンチャーゲーム「Detroit: Become Human」だった。

上位3位は17年はゲーム機が分かれていたが、18年はいずれもPS4対応ソフトが制した。精細なグラフィックやネットワーク機能を駆使した本格派のゲーム機とあり、業界関係者の心をつかむ作品が多かったとみられる。

19年はスクウェア・エニックスが1月に発売する人気ロールプレイングゲーム「キングダムハーツ3」など注目作品の新作が相次ぐ予定。19年は「(ゲーム機よりも)ソフトの話題が中心になる」(林氏)年となりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

97件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World