メニューを閉じる
2019年7月20日(土)
9706 : 空運
東証1部

【ビル賃貸・物販】羽田空港ビルの賃貸管理。物販、免税店も。

現在値(15:00):
4,235
前日比:
+110(+2.67%)

羽田空港に新商業ゾーン コワーキングやライブも

2018/12/19 13:00
保存
共有
印刷
その他

羽田空港の旅客ターミナルを運営する日本空港ビルデングは19日、第1旅客ターミナル内に新たな商業ゾーン「ザ・ハネダ・ハウス」をオープンした。約4千平方メートルの敷地にリラクセーション施設やコワーキングスペースなど14店舗が入居。空港を飛行機に乗るための「通過点」から「滞在場所」に変えて、消費を促す狙いがある。

滑走路を望めるカフェ

打ち合わせに使えるコワーキングスペース

ザ・ハネダ・ハウスは、日本航空などの搭乗口がある第1旅客ターミナル5階南側の滑走路に面した一角に開業した。もともとは航空会社の事務所が入居していたスペースを改装し、商業ゾーンとした。鷹城勲会長兼最高経営責任者(CEO)は同日開いたオープニングセレモニーで「利用者にとってより楽しく、快適で便利な空港を目指したい」と語った。

新たなゾーンのコンセプトは「通過する場所から滞在する場所へ」だ。滑走路側は大きな窓が配置されており、離着陸する航空機を眺めながらコーヒーを飲めるカフェ、ライブ音楽を楽しみながら食事ができるレストランなどが入居した。大音量の音楽に合わせて体を動かすボクシングフィットネスが楽しめる店舗も入る。

先行オープンしていたコワーキングスペースは月単位で借りられる37室のオフィス部屋を備える。時間単位で利用可能なオープンスペースのラウンジも設置。出張前に仕事や打ち合わせを済ませたいという需要に対応する。

2017年の羽田空港の乗降客数は約8500万人で1日平均で23万人が利用する。航空機を利用しない人も含めると1日に30万人が訪れるといい「1つの観光資源」(宮内豊久副社長)だ。新商業ゾーンのオープンで滞在する場所としての魅力を強化。利用客の満足度を高めると同時に、空港内での消費を促す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

28件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World