メニューを閉じる
2019年8月19日(月)
4592 : バイオ・医薬品関連
マザーズ

【再生細胞薬の開発】脳神経系疾患の治療薬として期待。

現在値(15:00):
3,130
前日比:
+105(+3.47%)

メルカリ、欧州事業から撤退 英2子会社解散

2018/12/18 17:46
保存
共有
印刷
その他

フリーマーケット(フリマ)アプリのメルカリは18日、英国子会社を解散すると発表した。2019年3月にアプリの提供を終了し、欧州事業から事実上撤退する。日本と米国に続いて15年に英国へ進出していたが、赤字が続いていた。

【関連記事】メルカリに厳しい市場の目 見えぬフリマの次

米国に続いて進出した英国では赤字が続いていた(メルカリのフリマアプリ)

米国に続いて進出した英国では赤字が続いていた(メルカリのフリマアプリ)

20年6月期までに、ロンドンに置くフリマアプリ運営の「メルカリヨーロッパ」と、英決済関連サービスの「メルペイ」を解散する。メルカリヨーロッパは人件費や広告宣伝費がかさみ、直近の18年6月期は730万ポンド(約10億円)の営業赤字だった。メルカリは「一時撤退という形を取るが、今後も様々な機会を検討していきたい」としている。

解散に伴い2億円の特別損失を19年6月期または20年6月期に計上する。社員数は非公開で、メルカリ本社から2人が出向していた。

英国では17年3月にフリマアプリの提供を始めたが、日米のように取引にかかる手数料は徴収せず無料で展開してきた。ただサービスの認知拡大のほか、米クレイグスリストや英デポップなど競合がひしめいていた。

メルカリは「世界的なマーケットプレイスをつくる」と海外市場に積極投資している。米国では14年にフリマアプリの提供を始め、米IT(情報技術)大手の幹部クラスを引き抜いてきた。ただ、残る米国市場でも競合が多く、営業赤字が続いている。

【関連記事】
ネット株、成長のジレンマ 将来の利益待てぬ市場
「初値割れ」8割弱、メルカリは半値 18年上場の78社
メルカリ、マザーズ時価総額首位から陥落 サンバイオが抜く
次のメルカリはどこだ? 日経大予測2019

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

22件中 1 - 22件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World