メニューを閉じる
2019年8月26日(月)
9832 : 専門店・ドラッグストア
東証1部

【カー用品の大手】フランチャイズ方式で全国に店舗を展開。

現在値(11:30):
1,749
前日比:
-14(-0.79%)

急発進防止、後付けできる安全装置 ダイハツが発売

2018/12/5 14:11
保存
共有
印刷
その他

ダイハツ工業は5日、車体に後付け可能な安全装置を同日発売したと発表した。障害物が近くにある状態で強くアクセルを踏むと、エンジンの出力を抑制して急発進を防ぐ。価格は工賃込みで5万9508円。安全機能付きの新車は増えているが、買い替えサイクルが10年近い自動車では普及に時間が掛かる。同システムで既に販売した車の安全性も高める。

車の前方と後方にセンサーを付けて障害物を検知する。

後付け安全装置「つくつく防止」は、センサーや制御装置などから構成されている。ダイハツ車の販売店で3時間程度で取り付け可能。今回は累計の販売台数が多い2007年に売りだした2代目タントが対象で、今後対応車種を広げる。

センサーが前後3メートル以内に障害物を検知している時に運転手がアクセルを強く踏み込むと、システムがブレーキとの踏み間違いと判断。エンジンへの燃料供給をカットして前に飛び出さないようにする。

これまでオートバックスセブンが同様のシステムを販売しているが、車メーカーとしてシステムを販売するのはトヨタ自動車とダイハツがはじめて。

足元では消費者が安全機能を搭載した車種を選ぶ傾向が強まっている。ダイハツでも安全機能「スマートアシスト」の搭載を始めた12年から現在までに販売した新型車の85%が安全機能付きという。

ただ現在も運転されているとみられる既存車の約970万台を母数にすると、安全機能を搭載したダイハツ車の割合は2割程度にとどまる。後付けできるシステムで既存車の安全性を高める。安全機能の普及に力を入れている点を訴え、ブランド力の向上にもつなげる。

公益財団法人「交通事故総合分析センター」の統計によると、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故はこの4年間では減少傾向にある。それでも17年は4722件発生した。同法人によると、ペダル踏み間違い事故は75歳以上のドライバーが起こしやすい。高齢者が増える中で対応策が求められている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

24件中 1 - 24件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World