メニューを閉じる
2019年10月18日(金)
4686 : システム・ソフトウエア
東証1部

【文書作成ソフト大手】日本語処理技術や検索システムに強み。

現在値(10:51):
4,220
前日比:
-80(-1.86%)

枚方を「まいかた」で変換、日本語入力のATOK最新版

2018/12/5 14:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

ジャストシステムの「ATOK」や「一太郎」の最新版(撮影:山口健太)

ジャストシステムの「ATOK」や「一太郎」の最新版(撮影:山口健太)

ジャストシステムは2018年12月4日、日本語入力システム「ATOK」の最新バージョンや、ワープロソフト「一太郎2019」を発表した。Android(アンドロイド)向けの「ATOK for Android[Professional]」は同日に最新版のアプリを公開。Windows版は19年2月1日に最新版を提供する。一太郎2019は19年2月8日に発売する。

■「漢字絞り込み変換」機能を搭載

平居秀朗ライフレゾナンス事業部長は、「一太郎はインターネット対応、ATOKはAIや深層学習(ディープラーニング)による精度向上など、平成とともに進化してきた。最も大切にしてきたのは、誰よりも日本語にこだわり続けてきた点だ」と振り返り、新製品は19年5月の改元を前にした「平成の集大成」と位置付けた。

ATOKの新バージョンについては、ソリューションストラテジー事業部企画開発グループの下岡美由紀氏が説明した。

Android版のATOKでは、サブスクリプションサービスの上位版「ATOK Passport[プレミアム]」(月額476円、税別)向けに提供する「ATOK for Android[Professional]」を更新。これまでWindows版やMac版に搭載してきた「ATOKディープコアエンジン」を搭載した。

推測変換にディープラーニングを用いることで、「夏休みの」と入力した際に以前よりも豊富な候補を表示できるようになった。予測性能は30%向上したという。新たにツールバーを搭載し、絵文字や手書き入力、メニューの呼び出しなどの操作を容易にした。12月4日より、最新版をGoogle Playストアにて提供している。

Windows版はATOK Passportのプレミアム版とベーシック版(月額286円、税別)の両方で提供しており、いずれも19年2月1日に最新版にアップデートする。「一太郎2019」にも同じプログラムを同梱する。

新機能として「漢字絞り込み変換」を搭載。「晋」の字は「たかすぎしんさくのしん」(高杉晋作の晋)、「戀」の字は「きゅうじたいのこい」(旧字体の戀)と入力することで、推測変換の候補に表示するという。

「地名入力変換」機能では、読みが曖昧な地名の変換に対応。「まいかた」で枚方(ひらかた)を、「くにふつ」で国府津(こうづ)を候補に表示する。正しい読み方も表示することで啓蒙を図る一方、「読み方の分からない地名を入力したいとの声もあった」(下岡氏)と導入の意図を語った。

同様の機能をMac版にも提供する予定。Android版への搭載については今後検討するという。

■一太郎2019は文書校正などを強化

一太郎2019については、ソリューションストラテジー事業部 企画開発グループの佐々木孝治氏が「19年5月の改元により日本は新しい時代を迎える。新しい一太郎は『たしかな日本語文書』をコンセプトに、これからも日本語によるコミュニケーションを支えていく」と語った。

基本となる「一太郎2019」では文書校正機能や表記ゆれ、脚注機能を強化。上位版の「一太郎2019 プレミアム」には「秀英明朝」など8つの書体、33万語句を収録した「日本語シソーラス 第2版 類語検索辞典 for ATOK」を搭載した。

最上位の「一太郎2019 スーパープレミアム」には、「ブリタニカ国際年鑑 特別編集版」や、オンラインの画像データベース「Britannica ImageQuest」の1年間の利用権(商用利用は不可)を同梱する。

価格は一太郎2019が2万円、一太郎2019 プレミアムが2万5000円、一太郎2019 スーパープレミアムが3万8000円で19年2月8日に発売する(いずれも税別)。

(ライター 山口健太)

[日経 xTECH 2018年12月4日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

18件中 1 - 18件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World