メニューを閉じる
2019年7月19日(金)
3182 : 通信販売
マザーズ

【野菜ネット通販】農家と契約し、会員の主婦らに野菜を届ける。

現在値(15:00):
1,434
前日比:
-67(-4.46%)

足りない栄養、尿から分析 ユカシカド

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2018/10/16 6:30
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

病院や健康診断に行かなくても自宅で尿を採取し郵送するだけで、自分に足りない栄養素が分かるサービスがある。ユカシカド(東京・渋谷)が手掛ける「VitaNote(ビタノート)」だ。美濃部慎也社長(37)が学生時代に夢中になったアメリカンフットボールから離れたとき、栄養への考え方を見直したのが起業の原点だ。

美濃部慎也社長

美濃部慎也社長

手のひらにも載る小さな白い箱。中には尿を採取する専用キットが入っている。ビタノートは税別7500円で電子商取引(EC)サイトなどから購入できる。使い方は簡単。キットを使い朝採った尿を検査センターに郵送する。1~3週間後には分析結果がネット経由で届く。

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準」で年齢や性別、妊娠の有無による栄養素の摂取目標量を策定している。ビタノートはこの数値を使い、栄養の過不足を測る。検査結果では、たんぱく質やビタミン、マグネシウムなど14種類の栄養素と酸化ストレスの15項目のバランスをチャートで表示。自分の健康状態が100点満点で評価され、どの栄養素がどれだけ足りないかを可視化する。

さらにユカシカドでは、その結果をもとに「テーラーメードサプリ」と呼ぶユーザー一人ひとりに合ったサプリメントのセットを提案する。検査は1カ月~3カ月に1回の実施を推奨し、食の改善やサプリメントの服用を通して自分の栄養の過不足を確かめてもらう。

美濃部社長は、全国屈指の強豪である関学アメフト部の出身。学生時代、筋肉トレーニングや休息については工夫をしたが「栄養については経験と勘で管理していた」という。大学最後の試合でけがをして選手への道は絶たれ、「夢に向かって努力する人たちをサポートする側に回りたい」と漠然と考えた。

部活を引退後、フィリピンなど発展途上国を訪れた。自分が想像していた貧困のイメージとは違い、「食べ物はあっても栄養に関する知識がなく、人々の食べるものが偏っていると感じた」。「将来は歌手になりたい」などと話す子供たちの姿を見て「全ての人が夢の実現に向けて努力できるような環境を整えたい」との思いが深まった。

自分の中でカギになったのが「栄養」だった。自分の体の栄養バランスがどうなっているか、改善するためにはどうすればいいかを誰でも簡単にチェックできれば、努力する人々をサポートできるのではないか――。

まずはビジネススキルを身につけようと2006年、リクルートに入社。10年に食品の宅配事業を手掛けるオイシックス(現オイシックス・ラ・大地)に出向した。「食を安心、安全に消費者に届けるという使命、そしてスピード感のある意思決定の重要さを学んだ」という。

栄養バランスがチャートで表示される

栄養バランスがチャートで表示される

一方で、自身のビジネスプランを練るのにも余念がなかった。仕事の傍ら、約100人の研究者に会い、栄養関連のビジネスを模索した。そんななか出会ったのが、ビタミンの栄養評価について研究していた農学博士で滋賀県立大学教授の福渡努氏。共同研究の末、ビタノートが生まれた。

尿を使い栄養の過不足を測るサービスはそれまで皆無に等しかった。「技術的に難しいのでは」「ビジネスとして成功するのか」などと周囲からは懐疑的な声も上がった。それでも起業の志は変わることはなく、13年にユカシカドを立ち上げ、17年6月にビタノートの販売にこぎ着けた。

尿検査は健康診断でも存在するが、病気の可能性を探り、日ごろの健康管理に役立てることができるものは少ない。アスリートや「原因は分からないが最近体の調子が悪い」などと考える人々にとってビタノートは手軽に利用できるサービスだ。「数年以内には途上国など、海外でも展開したい」と美濃部社長は意気込む。20年に年間売上高50億円を目指す。

事業成長への周辺の期待も大きい。8月末にはファストトラックイニシアティブと農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)、SMBCベンチャーキャピタルの3社から第三者割当増資で約2億円を調達した。資金はサプリメントや食品の開発に充てる予定だ。

ユカシカドとは古語の組み合わせ。「ゆかし」は見たい知りたいといった好奇心を表し、「かど」は才能を意味する。好奇心旺盛で才能にあふれた組織。そして、才能ある人々を応援するような会社でありたい。社名に込めた思いをどれだけ実現できるか、注目だ。 (田辺静)

[日経産業新聞 2018年10月15日付]

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。申し込み月無料でご利用いただけます。

 
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

37件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World