メニューを閉じる
2019年12月9日(月)
6376 : 産業用装置・重電設備
東証1部

【化学用精密ポンプ大手】ポンプ、電力用計装、医療機器が柱。

現在値(15:00):
1,369
前日比:
+6(+0.44%)

AWSへの移行で夜間バッチ処理を3時間短縮、日機装

2018/8/22 23:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

工業用ポンプ大手の日機装は、主力部門の1つであるメディカル事業本部が利用する欧州SAPのERP(統合基幹業務システム)パッケージを使って構築したシステムを、オンプレミス(自社所有)環境からクラウドサービスのアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)上に移行した。移行を支援したNTTデータグローバルソリューションズが、2018年8月21日に発表した。

メディカル事業本部は13年にオンプレミス環境にSAP ERPを導入し、会計、販売、生産、購買管理のIT基盤として活用してきた。ハードウエア保守契約の終了をきっかけに、クラウドへの移行を検討。保守・運用の負担軽減や、CPUやメモリーなどの拡張が容易なことから移行を決断した。

17年9月から3カ月でAWS上に本番環境を構築し、アプリケーションの動作テストを先行実施。18年4月末までに全システムの移行を完了した。プロジェクト期間中にシステムを停止したのは移行本番時の3日間のみで、それ以外はシステムを稼働させたまま非同期で、オンプレミス環境のデータをAWS上に転送した。

AWS上への移行により、従来9時間かかっていた夜間バッチ処理を6時間に短縮するなど、インフラ全体の性能が向上した。夜間バッチ処理を短縮した結果、朝の始業までに前日までの情報がデータウエアハウス(DWH)に反映され、実績レポートの出力や分析が可能になった。加えて、AWSのシンガポールリージョン(広域データセンター群)にDR(ディザスタリカバリー、災害復旧)サイトを構築し、大規模障害や災害時のビジネス停止のリスクを減らした。

メディカル事業本部では、将来的に欧州SAPの最新ERPパッケージである「SAP S/4HANA」への移行を検討している。

(日経 xTECH/日経クラウドファースト 井原敏宏)

[日経 xTECH 2018年8月21日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

24件中 1 - 24件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World