メニューを閉じる
2019年10月22日(火)
6638 : 製造用機械・電気機械
東証1部

【大型プリンター製造】多種多様な素材にプリントする機械に強み。

現在値(15:00):
542
前日比:
+18(+3.44%)

長野県内企業の夏ボーナス、18年ぶり高水準

2018/8/9 22:00
保存
共有
印刷
その他

長野県は9日、県内企業の今夏の一時金(ボーナス)に関する調査の最終報を発表した。7月31日時点の平均妥結額は49万8868円と昨夏を2万9226円上回り、IT(情報技術)バブル最盛期の2000年以来18年ぶりの高水準となった。製造業を中心とした企業の好業績に加え、ボーナス引き上げで人材を維持・確保する動きも広がっている。

人材の維持・確保のためボーナスを引き上げる動きも出てきた(県内の製造業)

調査は民間労働組合420組を対象に実施。173組合から妥結の報告があった。

夏のボーナスが前年より増加するのは2年ぶり。月数ベースでは平均1.98カ月で、17年を0.12カ月上回った。記録が残る03年以降では最も多い。

業種別に見ると、製造業は17年と比べ約2万9000円増の53万5775円だった。特に機械器具系の伸びが大きく、22組合の平均で10万3000円程度増えた。月数ベースでも0.38カ月伸びた。世界景気の回復などを背景に、好調な業績がボーナスに反映されている。

情報通信業も好調で、17年より約9万8000円増加した。情報通信機械器具も約7万円伸びた。

スマートフォン(スマホ)や自動車の部品が好調な鈴木は、今夏のボーナスを昨年より0.15カ月分増やした。「業績が予想より伸びた。ここ数年で一番の水準だ」と話す。

セイコーエプソンは組合員平均で117万4313円と前年と比べ11.91%増やした。印刷機やプロジェクターといった主要事業の好業績がボーナス増につながっった。ミマキエンジニアリングも業績好調を受けて平均2.87カ月と、前年比0.26カ月分増やした。

企業規模別では300人未満の企業が約2万2000円増の41万6441円で、規模別の集計を始めた08年以降で最も高く、中小企業でもボーナス増加が広がっている。300~999人は56万7315円、1000人以上の大企業は65万4176円だった。

長野経済研究所(長野市)の小沢吉則調査部長は「世界景気の回復などから県内製造業の業況が良いことに加え、昨今の人手不足への対応もある」と話す。「(企業からは)賃上げで人件費が上昇したとの声もある」という。

県が7月にまとめた、春季賃上げ妥結額も、00年以来最高の水準だった。人手不足が深刻化する中、待遇改善で人材確保を目指す企業が増えているとみられる。

ある北信地方の製造業の経営者は「夏のボーナスは増やさなかったが、冬は増やす予定だ。就活生へのPRや離職の防止のため、年収を増やしているというスタンスを見せることが大事だ」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World