メニューを閉じる
2019年10月19日(土)
5992 : 製鉄・金属製品

【自動車ばね大手】トヨタ向け主力。非自動車向け製品も強化。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

トヨタ系中堅部品5社、3社が増益 4~6月

2018/7/30 20:25
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車系の中堅部品メーカー5社は30日、2018年4~6月期連結決算を発表した。アジア向けの出荷拡大で東海理化の純利益が前年同期比17%増となったほか、愛三工業中央発条の計3社が増益だった。ただ、米政権が鉄鋼・アルミ関税を発動したのを受け、年後半にかけて収益への影響を懸念するところもある。

東海理化は主力のスイッチ類やシートベルトなどの販売がタイ、中国向けに拡大。トヨタの高級車ブランド「レクサス」に単価の高い製品が採用され、数量と価格の両面から業績が改善した。売上高、経常利益は過去最高だった。

愛三工業と中央発条は減収だったが、合理化などで増益につなげた。フタバ産業大豊工業は営業段階から減益だった。

ただ、米国でセダンの新車販売が縮小し愛三工業が燃料・吸排気系部品の販売で苦戦するなど、各社の収益環境には変化が出始めている。大豊工業が担う軸受け製品の原材料は、米トランプ政権が発動した鉄鋼・アルミ関税の対象になっている。「7~9月期以降に影響が出る可能性がある」という。

19年3月期通期見通しは2社が上方修正したものの、東海理化は為替前提を1ドル=105円から同109円に見直した影響が大きい。中央発条も労務費の削減や外注製品の一部内製化で利益を積み上げる。

31日はデンソーアイシン精機などトヨタグループ8社が4~6月期決算を発表する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World