メニューを閉じる
2019年10月14日(月)
2923 : 食品製造
東証2部

【パックもち・米飯大手】「サトウの切り餅・ごはん」で全国展開。

現在値(13:23):
3,835
前日比:
-5(-0.13%)

パックご飯増産へ サトウ食品、売上高4%増見込む

2018/7/10 0:30
保存
共有
印刷
その他

サトウ食品工業は全国農業協同組合連合会(JA全農)との資本業務提携でパックご飯の増産体制を整える。不足が続く国産の業務用米を安定調達し、トップシェアを誇るパックご飯の市場を一段と開拓する。佐藤元社長は2019年4月期の包装米飯の売上高を前期比4%増と見込む。

業務用米を安定調達する(新潟県聖籠町の東港工場)

JA全農はサトウ食品向けにパックご飯「サトウのごはん」に使うコメを積極的に確保・提供する。提携にはJA全農とサトウ食品が持つ販売拠点や物流拠点の活用も盛り込んだ。具体策は両者で詰める。

サトウ食品が同社初の資本業務提携を結んだ背景には、包装米飯に使う業務用米の価格高騰がある。業務用米は家庭用米よりも価格が安く、生産をためらう農家が多い。業務用米の生産量は食品メーカーや外食企業の需要を十分に満たせない状況が続いている。

供給不足を映して「パックご飯に使う国産米の仕入れ価格は前年より10~15%高い」(佐藤浩一常務)。単身世帯や少人数世帯の増加でパックご飯の販売が伸びるなか、原料の安定調達が課題だった。佐藤社長は「仕入れ価格や量、産地などについてJA全農と話し合いができるようになる」と期待感を示した。

今回の提携でサトウ食品は原料調達のボトルネックが解消し、増産に向けた体制が整う。既存の工場は「フル生産の状況が続いている」(佐藤社長)。同社は19年春に新潟県聖籠町に包装米飯の新工場を稼働する予定。包装米飯の生産能力を日産103万食と、現在より約2割増やす計画だ。

同社のパックご飯の19年4月期の売上高は約203億円を見込む。21年4月期までに200億円としていたパックご飯の売上高目標を前倒しで達成する見通しだ。国産米の安定調達にメドをつけ、国内市場の開拓に一段とアクセルを踏む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

28件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World