メニューを閉じる
2019年11月20日(水)
7821 : 建設資材・設備
東証1部

【土木資材製造】高機能繊維を使った地盤補強材の製造を手掛ける。

現在値(15:00):
1,806
前日比:
-13(-0.71%)

北陸3県6月短観 製造業が活発  原料高、価格転嫁の動き

2018/7/2 20:04
保存
共有
印刷
その他

北陸の景気が底堅さを保っている。日銀金沢支店が2日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、3県企業の景況感が3カ月前と比べて改善した。設備投資の盛り上がりを受けて機械など製造業の受注・生産が活発で、足元の原材料高を製品価格に転嫁しようという機運も高まる。ただ貿易摩擦や人手不足への懸念は強く、先行きには慎重な見方も目立つ。

建設機械の生産は活発だが…(石川県小松市のコマツ粟津工場)

6月の北陸短観は全産業ベースの業況判断指数(DI)がプラス15となり、前回の3月短観に比べ3ポイント上昇した。改善は2期ぶり。全国では原材料や人件費などのコストアップが響き、DIが1ポイント悪化した。日銀金沢支店は「北陸企業は売り上げの増加でコスト高を吸収している」とみる。北陸は3月のDIが大雪の余波で下振れし、今回はその反動も出た。

製造業のDIはプラス23と3ポイント改善した。後発薬の販売が好調な化学のほか、自動車部品向けの受注が好調な生産用機械などがけん引した。繊維も産業資材向けが伸びた。電子部品を含む電気機械はコストアップなどが響き悪化に転じた。

非製造業は4ポイント改善のプラス9となった。大きく伸びたのが建設業。民間設備投資の盛り上がりを受けて工場などの建築需要が上向いたほか、北陸新幹線の延伸工事など公共投資も伸びた。

今回の短観では原材料高の転嫁が進んでいることを裏付けるデータもある。製造業の製品価格の動向を示す販売価格判断DIは7ポイント上昇のプラス3となり、ほぼ3年半ぶりにプラス圏に戻った。

先行きの業況DIは全産業でプラス10と5ポイントの悪化を見込む。原油高や人手不足に伴うコスト増に加え、貿易摩擦で世界経済の不透明感が強まっているのも響いた。

業況判断指数は景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた割合を引いた値を指す。調査は5月29日~6月29日に実施し349社が回答した。

人手不足、先行きは慎重

原材料高や輸送費の上昇が続く中、収益悪化を避ける価格転嫁の動きは北陸の製造業に広がる。

工作機械製造の武田機械(福井市)は両頭フライス盤などの製品価格を4月に2~3%引き上げた。半導体関係を中心に需要が増え、足元の受注残高は昨年同期比5割増。山口博徳社長は「造りたくても部品が入ってこない」と話し、原油高などによる部品価格の上昇を自社製品に転嫁する。

サンエツ金属(富山県砺波市)は電子部品や家電に使う黄銅線などを7月受注分から値上げした。北陸電力が今春に電気料金の引き上げを実施。「製造に大量の電気を必要とするため転嫁できないと厳しい」という。

前田工繊は主力の土木資材を今春から3%値上げした。同社は「反発は少ないが、収益が増えているわけではない。人手不足もあって先行きは不透明」と懸念する。

非製造業も攻勢を強める。石川県に本社を置く日成ビルド工業は観光需要の増加を背景にホテル開発に参入することを決めた。第1弾として横浜市で取得した土地にホテルを建設する。森岡篤弘社長は「訪日観光客が増え、京都や沖縄、金沢などで展開したい」と意気込む。

もっとも先行きへの懸念は全業種で強い。「米国と中国の貿易摩擦が不安材料だ」。コマツ粟津工場(石川県小松市)の藤田直樹工場長は話す。

足元の建設機械の生産は活発だが、コマツは世界に拠点を持ち、中国から米国への部品輸出の見直しを検討している。さらに中国では環境規制が強化され、操業が止まることもある。粟津工場で供給する変速機などの生産にも間接的に影響する懸念があるという。

米国が輸入車や関連部品に追加関税を検討していることについては北陸の部品メーカーから戸惑いの声が上がる。アイシン精機グループのアイシン軽金属(富山県射水市)は「どう転ぶか分からず、状況を注視するしかない」と不安げだ。

活況に沸く電子部品業界はスマートフォン(スマホ)の世界的な需要が一服している。村田製作所は石川県七尾市の拠点で計画していたスマホ部品の生産棟新設を取りやめた。35億円を投じて高機能の樹脂部品を量産する予定だった。同社は「生産工程の変更が理由」と説明。他工場を含めて生産の最適化を図る。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

33件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World