メニューを閉じる
2019年11月16日(土)
6305 : 製造用機械・電気機械
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合建機大手】油圧ショベルに強み。鉱山機械も拡充。

現在値(15:00):
2,807
前日比:
+16(+0.57%)

建設機械、外需依存が鮮明 5月の建機出荷額11%増 19カ月連続プラス

2018/6/28 14:00
保存
共有
印刷
その他

日本建設機械工業会(建機工)が28日発表した5月の建設機械出荷額(補給部品を含む総額)は、前年同月比11.3%増の2013億円だった。プラスは19カ月連続で、北米やオセアニアなどで建機や鉱山機械の需要が旺盛だった。米中貿易摩擦など世界的なリスク要因に警戒感が高まり、外需の勢いがいつまで続くかに焦点は移る。

海外出荷が全体をけん引する構図が続いた(石川県小松市)

海外出荷が全体をけん引する構図が続いた(石川県小松市)

外需は19.6%増の1354億円で、19カ月連続で前年実績を上回った。機種別にみると、各社が主力と位置づける油圧ショベルは27%増で、ミニショベルは14.4%増。建設用クレーンは13.5%増となった。

本体の出荷額を地域別にみると、オセアニアが48.3%増、北米が25.9%増、欧州が16.9%増とそれぞれ高い伸びを示した。超大型の鉱山機械や米国の住宅投資に絡む建機出荷が増えた。

一大市場の中国では現地生産が大半を占め、出荷統計には表面化しづらい。ただ、建機工は「中国や北米などの生産拠点向けに輸出する建機本体のコンポーネント(部品)の出荷額が23.9%増となるなど堅調」と見ている。日立建機が毎月発表している5月の中国油圧ショベル需要(外資系メーカー、台数ベース)は55%増だった。

一方、内需は2.8%減の659億円で9カ月連続のマイナス。17年に排ガス規制の強化で駆け込み購入が膨らんだ反動が続いたが、マイナス幅は17年9月(0.3%減)以降で最小だった。機種別にみると油圧ショベルは18.8%減。リース・レンタル会社などの購入が広がったミニショベルは15.7%増だった。

足元では米中貿易摩擦への懸念がくすぶり、6月下旬の株式市場では建機株の伸び悩みが鮮明化。円高・ドル安の進展による海外事業の収益悪化への連想もあり、コマツや日立建機の株価は28日に一時、それぞれ年初来安値をつけた。建機メーカーが外需の動向に気をもむ構造は続きそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

180件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World