メニューを閉じる
2019年11月18日(月)
2910 : 弁当・デリバリー
東証1部

【総菜大手】百貨店内の「RF1」主力。コロッケ等多業態。

現在値(15:00):
1,522
前日比:
-6(-0.39%)

「女性幹部を育成」古塚ロック・フィールド次期社長
「新たな総菜創造」へ創業者の岩田氏は会長専任

2018/6/9 6:00
保存
共有
印刷
その他

総菜店「RF1」を展開するロック・フィールドは8日、次期社長に古塚孝志副社長(53)が就任する人事を正式発表した。古塚氏は2014年に社長に就任したが16年に専務に降格しており、2年ぶりの社長復帰となる。古塚氏は同日、「女性幹部の育成が一番の課題。新しい総菜の価値を生み出していきたい」と2度目の社長就任への意気込みを語った。

ロック・フィールドの次期社長に決まり記者会見する古塚孝志副社長(8日、大阪取引所)

ロック・フィールド創業者の岩田氏(右)は、古塚氏(左)への2度目の社長交代で会長職に専念する(8日、大阪取引所)

社長としての取り組みについて古塚氏は、神戸工場に4億円を投じて自動搬送機を導入するなど、22年までに省力化と品質管理の徹底に向けた設備投資を実施する考えを示した。女性活用については「創立50年の22年までに女性幹部を育てたい」と意欲を示した。

国内の中食市場は17年には前年比2%増の約10兆500億円。女性の社会進出や一人暮らし世帯の増加で今後も伸びが期待される。同社は百貨店などに約320店を展開しているが、コンビニエンスストアや食品スーパーが持ち帰り総菜などを強化しており、競争が激しい。古塚氏は「もっと驚きのあるお店づくり、商品づくりが求められる」と強調するとともに、アマゾンなどを通じたインターネット販売の拡大にも意欲を示した。

創業者である岩田弘三会長兼社長(77)は代表権のある会長職に専念する。同社は社長兼任に戻った岩田氏の下で主力の百貨店テナント事業を伸ばし、ネット販売や電話予約などの新事業も好調に推移。18年4月期の連結決算は売上高が前の期比1.6%増の515億円で3年連続の増収、純利益は0.1%増の20億円だった。19年4月期も増収増益を見込む。

古塚氏は社長退任後、生産部門の責任者に戻った。「社長の2年間で視野が広がり、生産部門で新たな発見もあった」と振り返り、社長職について「前回よりも自信を持って臨むことができる」と語った。異例の交代劇の繰り返しについて岩田氏は「この2年間の古塚氏の成長を目の当たりにして、機は熟したと判断した」としたうえで、「これからは商品企画などの面で古塚氏を支えていきたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

17件中 1 - 17件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World