メニューを閉じる
2019年10月23日(水)
8551 : 銀行
東証1部

【岩手の地銀第2位】宮城、青森に店舗展開。サービス業取引に強み。

現在値(14:20):
1,815
前日比:
-3(-0.17%)

岩手県産食材の安全促進 北日本銀、認証機関と協定

2018/5/24 21:45
保存
共有
印刷
その他

北日本銀行は24日、認証機関の日本品質保証機構(東京・千代田)と食品安全規格の普及促進・導入について包括連携協定を結んだ。地場産品の販路拡大や増えている訪日外国人への安全安心な提供をめざし、食品関連企業などの国際規格導入を後押しする。同機構が東北の金融機関と協定を結ぶのは初めて。

協定を結んだ日本品質保証機構の小林理事長(左)と北日本銀行の柴田頭取(24日、盛岡市)

食品の安全に関する国際規格には「危険度分析による衛生管理(HACCP)」や「ISO22000」などがある。特にHACCPは2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、国が義務化を検討している。

協定に基づき両者は今秋、県内4地域でセミナーを開催し、国際規格の仕組みや認証取得の意義などについて説明する。食品関連企業のほか、訪日外国人を受け入れる旅館・ホテル、飲食店なども対象にする。

日本品質保証機構は国内最大級の認証機関で、同様の協定は全国で2例目という。小林憲明理事長は「岩手県の海産物や農産物にはすばらしいポテンシャルがある。食品関連企業の振興の手助けをしたい」と話す。

北日本銀の柴田克洋頭取は「販路拡大など地元企業の本業支援の一環。認証取得に向けて設備投資などが必要であれば資金面のニーズにも応えていく」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

18件中 1 - 18件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World