メニューを閉じる
2019年10月20日(日)
8350 : 銀行
東証1部

【青森県と函館地盤】個人に強み。地域最優の銀行を掲げる。

現在値(15:00):
1,648
前日比:
+4(+0.24%)

みちのく銀、内部管理に甘さ 融資不正問題

2018/5/18 23:00
保存
共有
印刷
その他

みちのく銀行の過去の融資で起きた不正の発覚は、同行の内部管理に甘さがあったことを浮き彫りにした。同行は過去3度、金融当局から業務改善命令を受けてきたが、体制強化の取り組みは道半ば。17日に本店で記者会見した須藤慎治常務執行役員は、顧客や株主らに謝罪し「行員にコンプライアンス(法令順守)が徹底できていなかった」と語った。

融資に関して不正があったことを謝罪する須藤慎治常務執行役員(左)(17日、青森市)

不正は昨年12月の内部定期監査で判明した。事務処理作業が放置されていたことを調べる過程で、書き換えた領収書を外部の信用保証機関に送っていたことがわかった。さらに全営業店の設備資金の融資に関する書類を調べたところ、別に16件の偽造が見つかった。

17件のうち2件は、成立後に不要になった設備資金の融資が、手続き変更せずそのまま運転資金として使われた案件だったという。

不正があった期間は2012年11月~17年10月。長期にわたって見つからなかったのは「保証協会などの保証付き融資は審査を通ればその後、通常は調べ直すことはしない」(同行)ためだったという。内部定期監査による放置された業務の見直しがなければ、不正が表に出なかった可能性もあった。

不正に関与した20~50代の職員7人は同行の調査に対し「手続きが面倒だった」「(再手続きせずに)そのまま融資したほうがお客様のためになると思った」などと答えたという。

今回の不正が可能だったのは領収書が手書きだったことも大きい。同行は「融資に際し、領収書を電子的に管理し、同様な不正が起きないようなシステムをつくって再発を防止したい」としている。同行は課長級を含む7人を懲戒処分としたが、刑事告訴はしない方針。経営幹部については改めて処分を決める見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

57件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World