メニューを閉じる
2019年7月18日(木)
7167 : 銀行
東証1部
JPX日経400採用

【茨城・栃木地銀1位】常陽銀行と足利銀行を傘下に持ち南関東に攻勢。

現在値(15:00):
276
前日比:
-4(-1.43%)

めぶきFG社長に笹島氏 「グループ一体で業績向上」

2018/5/12 1:00
保存
共有
印刷
その他

めぶきフィナンシャルグループ(FG)は11日、笹島律夫取締役(60)が社長に昇格する人事を正式発表した。2019年3月末に第1次中期経営計画が終わるのを前に、寺門一義社長(66)からバトンを受け取る。銀行にとって「経営環境は大変厳しい」(笹島氏)なか、収益力向上のため統合効果を高めることが大きな課題になる。

めぶきFG新社長に昇格する笹島律夫取締役(左)と寺門一義社長(11日、水戸市の常陽銀行本店)

めぶきFG新社長に昇格する笹島律夫取締役(左)と寺門一義社長(11日、水戸市の常陽銀行本店)

6月27日の株主総会後に就任する予定だ。笹島氏は常陽銀頭取にも就く。7年間にわたり同行頭取を務めてきた寺門氏は代表権のない会長に就任する。足利銀行頭取で同FGの松下正直副社長は留任する。

「大変重く受け止めている」。11日の記者会見で笹島氏は心境をこう述べた。その上で「寺門社長の下、走り出した路線をしっかり受け継ぎ、松下副社長と一緒にFG一体での業績の向上、そして地域への貢献に全力であたっていきたい」と意気込みを語った。

笹島氏を次期社長に選んだ理由について、寺門氏は「知力、胆力ともに極めて優れている」と強調。長きにわたって役員としての寺門氏を「しっかりサポートしてくれた」と振り返り、システムや市場運用、海外駐在などに関する経験や知識を評価した。

松下氏も経営統合時に「私と笹島さんと一緒にやろうという話になった」との話を披露。「当初からの思いは一緒で、きっといいFGが作っていけるのではないか」と期待を寄せた。

同FGにとって18年度は第1次中計の最終年度。貸出金の推進や手数料収入の増強といった法人営業の強化などを通じて「グループ中計をどう完遂するか」(寺門氏)が重要となる。同時に、第2次中計の策定を控え「次の成長に向けた戦略展開」(寺門氏)も求められる。

長引く日銀のマイナス金利政策や競争の激化など厳しい収益環境が続く。新体制では、常陽・足利両行間で役員級の交流人事も始める。笹島氏の下で両行の統合が次のステージに移行できるかが焦点になる。

寺門氏「知力・胆力優れる」

めぶきFGの次期社長に内定した笹島律夫取締役は11日、寺門一義社長、松下正直副社長と共に記者会見した。主なやりとりは以下の通り。

――次期社長の抱負は。

笹島氏「経営統合から走り出して1年半が過ぎた。銀行を取り巻く環境は厳しい状況が続いている。寺門社長の路線を引き継ぎ、松下副社長と一丸となって業績向上に取り組んでいきたい」

――選任理由は。

寺門氏「経営企画、市場運用、システム、海外とあらゆる現場で経験を積み、高いスキルとノウハウを持ち合わせている。長年ともに仕事をするなかで、知力と胆力ともに極めて優れていると感じた」

――来期から始まる第2次中計の内容は。

笹島氏「自行や他行の数字を見ながら、どんな事業領域に期待できるのか検討したい。グループ内のリースや証券などをどう拡大するかも重要になる」

松下氏「第1次中計の策定時と金利環境は異なる。今期目標を達成できるか、その延長線上に次の計画はある」

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

108件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World