メニューを閉じる
2019年7月23日(火)
3962 : システム・ソフトウエア
東証1部

【ITで経営課題解決】スマホやクラウドなど最新技術を駆使。

現在値(15:00):
2,268
前日比:
+50(+2.25%)

市役所の定型作業、RPAで効率化 奈良市が実証実験

2018/4/26 15:43
保存
共有
印刷
その他

奈良市は26日、定型作業を自動化するソフトウエア「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」を使い、庁内業務の効率を上げる実証実験を始めると発表した。IT(情報技術)サービスを手がけるチェンジと米RPA大手のUiPath(ユーアイパス)の日本法人(東京・千代田)と共同で行う。

実証実験について説明する奈良市の仲川げん市長((中))

RPAの導入は金融機関をはじめ民間企業で進んでいるが、自治体では試行段階という。

実証実験は5月から。プロジェクトチームで2カ月程度かけて適用する業務を洗い出し、課題や効果を検証する。ユーアイ社のソフトを使い、メールの処理やデータ打ち込み、定型書類の作成などの単純作業を自動化できるか試行する。19年度には導入したい考えだ。

同市では職員数をピークだった1995年度から約1千人(25%)削減し、働き方改革で時間外手当も約13億2千万円(2011年度)から約7億9千万円(17年度見込み)となった。一部業務の自動化で、将来的には発想が問われる企画部門などへの人員のシフトや行政サービスの充実につなげる狙いがある。

仲川げん市長は「人口減の社会では今後、職員を確保するのも難しくなってくる。日本全国の自治体のモデルとなるような取り組みとしたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World