メニューを閉じる
2019年9月18日(水)
4382 : コンテンツ制作・配信
マザーズ

【AI開発】建設、金融企業向けなど。将棋アプリも。

現在値(10:02):
12,680
前日比:
-30(-0.24%)

マザーズ上場のHEROZ AI開発、原点は将棋

2018/4/20 18:17
保存
共有
印刷
その他

人工知能(AI)開発のHEROZ(ヒーローズ)が20日、東証マザーズに上場した。投資家の期待は大きく、終日買い気配で初値はつかなかった。将棋ゲームで名高い同社は、NEC出身の2人が2009年に創業。メンバーには将棋有段者のエンジニアも多い。将棋AIの開発で培った技術や知見を惜しみなく産業応用に注ぎ込む。

東証マザーズに上場したHEROZの林隆弘CEO(写真前列中央)と経営陣ら=20日、東京証券取引所

「AIの可能性は無限大だ」。ヒーローズの林隆弘最高経営責任者(CEO)は、20日の上場セレモニー後の会見でこう語った。ヒーローズは、将棋ソフト「将棋ウォーズ」などで知られる。これまで実績を持つB2C(消費者向け)サービスに加え、B2B(産業向け)の事業の柱に据えて、AIを建設業や金融業などに活用する。

ヒーローズが提供するAIプラットフォームは「HEROZ Kishin(キシン)」。その名の由来は「棋神」、つまり将棋の神だ。同社が抱える将棋AIのエンジニアらが、互いに腕を磨き合って得た技術や知見を産業用AIに持ち込む。

「僕らは血へどを吐くような実装をしているんですよね」。リードエンジニアの山本一成氏は笑う。東大将棋部出身の山本氏が開発した将棋AI「Ponanza(ポナンザ)」は、17年に名人に勝利した。

山本氏が「血へどを吐く」と話す心はこうだ。ヒーローズのエンジニアは、パソコンに向かってコードを打ち込んでソフトを開発するだけではなく、CPU(中央演算処理装置)やメモリーなどのハード要件といったAIの実利用に必要な知識を、社内外のライバルとぶつけ合える環境があり、いわば「殴り合いながら」、そして「手を取り合いながら」開発を進められる。

ここで得た知識は、将棋AIの開発以外でも活用ができる。ヒーローズは、竹中工務店やバンダイナムコエンターテインメントなどと資本業務提携している。竹中とは構造設計支援AIの開発、バンダイナムコとは新たなエンタメの創出を目指す。

創業者の2人、林CEOと高橋知裕最高執行責任者(COO)はNEC内定者だった早稲田大学時代からの旧知の仲だ。「自分がやりたいことを突き通したい」という高橋氏は、NECの入社面接で「10年後には辞めます」と話すほど胆力がある熱血漢だ。

高橋氏が林氏に独立を誘われた当時、ちょうど米アップルがiPhoneを発表し、スマートフォン(スマホ)が普及の兆しを見せ始めた頃だった。「スマホで世界が変わる。これまでとは景色が違う」(林氏)。2人でNECを飛び出して09年に起業した。

「AI市場の成長率以上の企業成長率を維持する」。林氏の目標は高い。国内のAI市場は20年度には約1兆円、30年度には約2兆円に膨らむと予測するリポートもある。将棋AI開発で培った実戦力を今後のビジネスで生かしたい考えだ。(矢野摂士)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

44件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World