メニューを閉じる
2019年10月17日(木)
8350 : 銀行
東証1部

【青森県と函館地盤】個人に強み。地域最優の銀行を掲げる。

現在値(15:00):
1,644
前日比:
-1(-0.06%)

新中計は新体制で みちのく銀頭取に藤沢氏

2018/3/28 1:31
保存
共有
印刷
その他

みちのく銀行は27日、藤沢貴之専務執行役員(51)が頭取に昇格する人事を発表した。高田邦洋頭取(60)は代表権のない会長に就く。6月27日に開く株主総会後の取締役会で正式決定する。同行は2018年度から3カ年の中期経営計画をスタートさせる。人口減少や日銀のマイナス金利政策などで地域金融機関の経営環境が厳しくなるなか、新たな体制で今後の業務の運営にあたる。

杉本康雄会長(71)は相談役に就く。

藤沢氏は青森市出身。1990年に千葉大法経学部を卒業し、みちのく銀に入行した。2007年に40歳で経営企画部長になった後、10年には営業店の筆頭格である青森市の古川支店長を務め、12年に人事部長、15年に執行役員営業本部長と中枢ポストを歴任してきた。

高田頭取は藤沢氏について「本部、営業店の重要部門をバランス良く経験し、行動力、決断力、スピード感に優れ、時代の流れをつかむセンスもある」と抜てきの理由を話した。藤沢氏は「地域になくてはならない銀行にするべく誠心誠意努力する」と抱負を語った。

みちのく銀は同日、18~20年度の第5次中期経営計画も発表。コンサルティング機能の強化、職員の幸福・活力の向上、不断の改革による生産性向上の3つの目標を掲げた。

具体的には創業支援件数を500件(第4次中計実績300件)、手数料など非金利収入比率を12%以上(同9%)、休日営業20店以上(同5店)、正行員比率75%以上(同60%)、女性管理職比率30%以上(同25%)、従来型業務の総労働時間15%削減などの数値目標を設定した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

57件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World