メニューを閉じる
2019年8月22日(木)
3843 : 通信サービス
東証1部

【ネットビジネス支援】接続サービスの運用代行。先端技術の開発も。

現在値(15:00):
1,025
前日比:
-22(-2.10%)

激戦の格安スマホ CCC系、生き残りへ法人も照準

2018/1/24 18:00
保存
共有
印刷
その他

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の子会社で格安スマートフォン(スマホ)事業のトーンモバイル(東京・渋谷)は24日、企業や学校の要望に応じて機能を変えられる端末を今春をメドに提供すると発表した。

トーンモバイルの石田宏樹社長は「カスタマイズ」を新たな軸に据えた

トーンモバイルの最新機種「TONE m17」で新たに開発したシステム「トーンファクトリー」を使えるようにする。利用する法人のIDを登録すれば自動でアプリの配布や更新をする。勤怠管理アプリや社内用の交流サイト(SNS)など企業の需要に合わせた機能を与える。

石田宏樹社長は記者会見で「Customized(カスタマイズド)とMVNO(仮想移動体通信事業者)を融合させた『CMVNO』という新たなサービスを展開していく」と語った。

CCCは2015年からインターネット関連の基盤を提供するフリービットと共同でトーンモバイルとして格安スマホ事業を運営してきた。これまでは見守りや振り込め詐欺の防止など、高齢者や小学生に的を絞る戦略を取ってきた。

「TSUTAYA」の約50店で端末を販売、17年12月からは38店でレンタルもしている。端末の代金や利用料でCCCの共通ポイント「Tポイント」をためられるようにして、レンタル店への誘客も狙っている。

CCCは「蔦屋書店」を中核に、多様なテナントが入る複合商業施設の展開を進めている。スマホ事業をグループで抱えることで、レストランの予約やクーポンの配布などスマホを通じたサービスを提供している。増田宗昭社長が掲げる「新たなライフスタイルの提案」にネットとリアルの両面から貢献できると考えている。(毛芝雄己)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World