メニューを閉じる
2019年6月18日(火)
4848 : 人材紹介・人材派遣
東証1部

【人材サービス】日雇い派遣から撤退。アルバイト紹介が主体に。

現在値(15:00):
2,280
前日比:
+33(+1.47%)

来期営業増益見込む12月期企業 半導体・人材関連、上位に
日本株番付

2017/12/6 14:35
保存
共有
印刷
その他

12月期決算企業は期末まで残り1カ月足らずとなった。株式市場関係者の関心は来期の業績に移り、世界経済の拡大や輸出企業の業績を押し上げる外国為替相場の円安基調継続の成否に注目が集まっている。市場予想の平均(QUICKコンセンサス)をベースに2018年12月期の営業増益率を調べたところ、上位には半導体関連や人材関連の企業が目立った。

東証1部に上場する12月期決算企業を対象に、QUICKコンセンサスの今期予想に対する来期予想の営業増益率を計算した。3社以上の証券アナリストが来期の業績を予想している会社に絞った。

首位はシリコンウエハーを生産するSUMCOだった。主力製品は半導体メモリー向けに需要が旺盛でフル生産が続いている。世界需要は年5~6%の成長を続ける見通しだ。需要拡大を背景にウエハー各社は値上げに踏み切っており、採算改善が見込まれる。SUMCOの橋本真幸会長は「19年も値上げが進む」との見解を示している。

ただ、長期的な半導体需要の鈍化懸念を背景に足元の株価は崩れている。来期の業績期待が株価を下支えするかどうかに関心が集まる。

人手不足を追い風に人材派遣会社も上位に入った。アウトソーシング(5位)は主力の製造業への技術者派遣が伸びる。労働契約法などの改正により受注が増える見込みだ。株価は今年の高値圏での推移を続けている。15位のフルキャストも短期アルバイトの紹介や代行事業の拡大基調が続いている。「有力な競合の不在で市場シェアは上昇する」(野村証券の吉田純平氏)との予測もある。

株式市場では「米国では税制改革など景気拡大の期待が高い一方、中国景気は減速感が懸念される」(大和証券の石黒英之氏)との声が聞かれる。来期のさらなる企業業績押し上げは、国内経済とともに、欧米や中国など海外の好景気が維持できるかどうかが鍵を握るとの見方が多い。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World