メニューを閉じる
2019年9月24日(火)
3984 : 広告
マザーズ

【ネット分析】ウェブサイト閲覧箇所や交流サイトの口コミを分析。

現在値(15:00):
3,915
前日比:
-5(-0.13%)

個人で自動運転AI開発
SmartTimes ユーザーローカル社長 伊藤将雄氏

コラム(ビジネス)
2019/7/31付
保存
共有
印刷
その他

グーグルやエヌビディアといった人工知能(AI)企業、電気自動車メーカーの米テスラなど世界中の自動車メーカーが巨額の研究開発費を投じ、自動運転技術を開発している。一方でアマチュアによる自動運転AIの開発が、新たなホビーとして米国を中心に広まりつつある。

1997年早大政経卒、ビジネス誌出版社に入社。2000年楽天入社。02年に学生時代に開発した「みんなの就職活動日記」を事業化し、04年に楽天に売却。05年にユーザーローカル設立。

1997年早大政経卒、ビジネス誌出版社に入社。2000年楽天入社。02年に学生時代に開発した「みんなの就職活動日記」を事業化し、04年に楽天に売却。05年にユーザーローカル設立。

これは実車の10~20分の1ほどの大きさの無線操縦カー(RCカー)を改造してカメラや超小型コンピューターを搭載し、自動運転できるようにするものだ。実車の自動運転と同様に、ディープラーニング技術による画像認識を基に走行する。ミニチュアであれば事故の心配もなく、コストもそれほどかからない。

この流れを作ったのは有志による「Donkey Car」というプロジェクトだ。自動運転のためのプログラムやRCカーを改造するパーツの3Dプリンター用データを無料配布すると、世界のエンジニアがダウンロードしてクローンを自作するようになった。

愛好者が集まってタイムを競うレース大会も開催されている。Donkey Carの可能性に着目したのか、米アマゾンも同様の仕組みの自動運転RCカー「Deep Racer」を発表している。

Donkey Carの自動運転は、模範となる人間の運転をディープラーニングでまねする。まず人間がリモコン操作でコースを数周走らせ、操作内容と車載カメラ映像をメモリー・カードに保存しておく。これらをGPU搭載のパソコンで機械学習させ、人間を模倣したハンドルやアクセルの操作をする画像認識AIが完成する。できたAIアルゴリズムをRCカーに搭載した名刺サイズの超小型コンピューターに組み込めば、コース状況を判断して最適なタイヤ角度や速度で自走するようになる。

Donkey CarによるAI教育のメリットとして、機械学習用データを手軽に自前で用意できる点が挙げられる。画像認識AIの開発を学ぶには大量の画像データをあらかじめ用意しておく必要があり、個人では勉強用の画像データを準備することが難しい。

Donkey Carの仕組みを使えばコースを数周走行させるだけで、大量の車載カメラ画像と走行記録を入手できる。このデータを使い、AI開発の流れを学ぶことができる。

筆者が経営するユーザーローカルでは、この仕組みをさらに一歩進めて、実車レベルの自動運転技術に近いAIアルゴリズム開発を学ぶことができる「自動運転AIプログラミング研修」を用意している。

この研修では信号機の状態にあわせて自動でブレーキをかけるAIや、目の前の車を自動追尾する隊列走行AIなどの開発を学ぶことができる。このような研修を通じて、国内自動車メーカーが優秀なAI人材を確保できるようになることを期待している。

[日経産業新聞2019年7月31日付]

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料でご利用いただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

26件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World