メニューを閉じる
2021年7月28日(水)
本社住所

復活ミタル、低い「炭素効率」
「世紀の合併」15年、拡大志向転換 高ROAも株価勢い欠く

2021/6/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

欧州鉄鋼大手のアルセロール・ミタルが復活過程の悩みを抱えている。「世紀の合併」から15年。拡大志向から転換したリストラ策が奏功し、鋼材需要や市況の改善も追い風に収益が急回復している。ただ、時価総額はピーク時の4分の1にとどまる。市況の変動で振られやすい収益体質に加え、少ない炭素排出量で売上高を上げる「炭素効率」の低さが頭痛の種だ。

2006年、当時世界最大手のミタル・スチールが2位アルセロールを…

[有料会員限定]この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

49件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
  • QUICK Money World