メニューを閉じる
2020年12月2日(水)
9900 : 飲食店

【めん類・和食店チェーン】中部が地盤で郊外中心に展開。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

新型コロナ 食の需要変化 中部スーパー各社が対応
客足遠のく飲食店 コメ・冷食買いだめ

2020/3/4付
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中部地方の「食」需要に変化が起きている。飲食店から客足が遠のく一方、スーパーでは米や冷凍食品など保存がきく食品の買いだめが目立つ。2日から小中学校や高校が臨時休校となったことで、子どもが簡単に食べられるカップ麺や缶詰など保存食の需要はさらに高まりそうだ。

「新型コロナで外食が減ったので、家で保存できる食材を買いだめておきたくて」――。3日、岐阜市にオープンしたMEGAドン・キホーテUNY岐阜店を訪れた30代女性はこう話した。朝9時の開店と同時に多くの客が訪れ、カップ麺や冷凍食品などを買い込む姿が見られた。布施晋太郎総店長は「米や冷凍食品の仕入れ量は4~5倍に増やし、一部は販売数量を制限した」という。

中部地方を中心に食品スーパー「バロー」を展開するバローホールディングス(HD)では、2月24~28日の米の売上高が前週比1.5倍に伸びた。インスタントラーメンなどの麺類は2倍、冷凍食品は1.3倍増だった。愛知県が地盤のスーパー、ヤマナカでは缶詰やパックご飯、パスタなどの保存食が売れ、客足は1割伸びた。アオキスーパーでも冷凍食品が売れているという。

背景には新型コロナの影響で外出を控える人の動きがある。飲食店の利用者は減っており、和食チェーンのサガミホールディングスは2月22日~28日の既存店売上高が前年同期比で約15%減だった。日本料理店の木曽路も同8%減と落ち込んだ。春の歓送迎会シーズンを前に宴会のキャンセルが相次ぎ、外食から家の食事にニーズが移っている。

小中学校・高校などの一斉休校が決まった影響も大きい。長い休みに備えて食材を買いだめたり、子どもが家で簡単に食べられるよう、レンジで温めるだけの冷凍やレトルト食品の購入が増えている。マックスバリュ東海は「おにぎりや弁当のおかずなど、子どもが簡単に食べられる商品の発注量を増やしていく」(広報担当者)という。

食品以外にも、トイレットペーパーや生理用品など紙製品の売り切れが続出した。品薄になるとのうわさがSNS(交流サイト)で拡散されたためだ。各社は「メーカーは十分な在庫を確保しており、入荷を急ぐ」といい、数量制限などを設けている。

子どもたちの休みは4月まで続く。スーパー各社は現時点では営業時間は短縮せず、入荷を増やして利用客のニーズに対応する考えだ。

(林咲希)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

39件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World