メニューを閉じる
2020年1月26日(日)
6645 : 半導体・電子部品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【制御機器大手】電子部品や車載部品、健康器具も手掛ける。

現在値(15:00):
6,500
前日比:
-30(-0.46%)

世界初の自動改札機、オムロン主導(古今東西万博考)
1970年・大阪

関西タイムライン
2019/12/3 7:00
保存
共有
印刷
その他

世界初の自動改札機が北千里駅で導入された

世界初の自動改札機が北千里駅で導入された

鉄道の切符の情報を瞬時に読み取って、ノンストップで駅の改札を通り抜ける。現代では当たり前になった光景だが、それを可能にした自動改札機が世界で初めて導入されたのが阪急千里線の北千里駅(大阪府吹田市)。1967年の開業と同時だ。

開発を主導したのが、33年に立石一真氏が創業した立石電機(現・オムロン)だ。60年代は食堂の券売機などを販売し、業績が拡大していた。当時は大都市を中心に駅の混雑が社会問題化。切符で入場したことを示す駅員の「切符切り」で人の流れが停滞し、駅の改札で長蛇の列が発生する問題が生じていた。

立石電機は紙幣やカードを認識する磁気・光学技術を応用、電鉄各社と共同で自動改札機の開発にこぎ着けた。特に立石氏の目を引いたのが、70年の大阪万博に向けて開発が進む千里ニュータウン北地区の新駅構想だ。立石氏は「万国博準備委員会」をつくるほど熱心で、阪急電鉄が新駅をもうけるという情報を聞きつけ、息子の義雄氏(現・オムロン名誉会長)を直接派遣し、自動改札の受注につなげた。

オムロンは現在も駅務機器の関連で国内最大手で、世界各国で自動改札機など無人駅システムを導入する。3月、京王電鉄・下北沢駅(東京・世田谷)に対話型人工知能(AI)を搭載した案内ロボット「下北沢レイ」を導入。利用者への乗り換え案内などを自動で担う。

自動改札からAIへ――。北千里駅の開業から、50年以上を経た今もなお、駅の自動化に貢献している。2025年の大阪・関西万博でもひょっとしたら「未来の駅」が見られるかもしれない。

(赤間建哉)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

214件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World