メニューを閉じる
2020年1月24日(金)
6473 : 製鉄・金属製品
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【ベアリング大手】ステアリングや工作機械も積極展開。

現在値(13:44):
1,254
前日比:
-2(-0.16%)

ジェイテクトと日立系、スマート工場で協業

BP速報
2019/11/29 18:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

ジェイテクトと日立ソリューションズ(東京・品川)は、デジタル技術を製造現場に活用する「スマート工場」領域において協業することで合意し、12月から具体的な活動を始めると26日発表した。それぞれが持つOT(運用技術)とIT(情報技術)のノウハウを融合し、既存サービスの相互提供や新サービスの開発などで連携する。

ジェイテクトはあらゆるモノがネットにつながるIoTの製造現場での活用において、モノだけでなく人やサービスもつなげていく「ジェイテクトIoE(インターネット・オブ・エブリシング)ソリューション」を推進し、スマート工場の実現に向けたシステムの構築を進めている。

一方の日立ソリューションズは、IoTやビッグデータ、人工知能(AI)といったデジタル技術を生かし、工場の製造データ連携や技能伝承、販売・アフターサービスの付加価値向上などで製造業の経営効率を高める「スマートマニュファクチャリングソリューション」を展開する。

両社は今回、こうした活動で得た知見を融合し、協業する。まず12月1日、製造現場における生データの効果的な活用を検証するワーキンググループを立ち上げる。ここには、生産ラインのシステム構築で培ったOTのスキルを持つジェイテクトの技術者と、製造業向けソリューションを提供してきた日立ソリューションズのシステムエンジニアが参加。OTの実データをIoT基盤に取り込み、AIなどの技術で新たな付加価値を生み出していくための実証実験に取り組む。

2020年4月には、両社の既存製品・ソリューションを組み合わせて相互販売を開始。同年度内に、前述の実証実験の結果に基づいてサービスを開発し、提供を始める計画だ。

製造業では、付加価値の向上や生産性向上を目的として、デジタル技術で事業を変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を推進する企業が多いものの、「多種多様な生データをどのように活用すればよいのか分からない」との声が多いという。両社は協業により、こうした課題に対応する。

(ライター 松田千穂)

[日経 xTECH 2019年11月29日掲載]

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

146件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World