メニューを閉じる
2019年11月17日(日)
8218 : 専門店・ドラッグストア
東証1部

【ホームセンター大手】小型店「ハードアンドグリーン」など展開。

現在値(15:00):
2,361
前日比:
+27(+1.16%)

関東のホームセンター ブルーシートや土のうの販売増
台風19号の備えで

2019/10/10 17:31
保存
共有
印刷
その他

大型で猛烈な台風19号が12~13日にかけて上陸するおそれがあることを受け、ホームセンターではブルーシートや土のうなどの売れ行きが急速に伸びている。9月に首都圏に上陸した台風15号の影響で千葉県を中心に大きな被害が出たのもあり、ブルーシートは品薄気味だという。各社は他店舗から補充したり在庫を増やしたりして対応する。

千葉県の店舗では防災用品を充実させる(千葉県茂原市のDCMホーマック)

ホームセンター最大手のDCMホールディングスの東京・千葉の5店舗では、7~9日の3日間のブルーシートの販売額が昨年比15倍だった。窓ガラスが割れたときに飛び散らないように補強する養生テープは同7倍、土や水をせき止める土のうは同6倍だった。

主婦らが購入している例が多いという。通常は建築業の関係者などの需要が多いというが、一般の自宅の屋根瓦などが飛ばないようにあらかじめ屋根を覆うなどの対策を取る家庭が多いようだ。「店頭で使い方を聞かれることも多い」(同社)という。大きな被害が出た台風15号を踏まえ、備えとして購入しているという。

また、DCMが7月に発売した水を入れて膨らます土のうは数店舗で欠品が出ている。在庫が足りない店舗には近隣の店舗から補充して対応する。

コメリは台風15号の被害があったときの販売増を受けて、ブルーシートなどの在庫を増やして対応している。15号が上陸した9月上旬、関東地域ではブルーシートが例年の4~5倍売れて品薄になる店舗もあった。9月上旬以降は通常の1.5倍程度の在庫を用意。「3~4倍売れているが欠品の心配はない」(同社)という。品薄になった場合、他県の物流センターから補充することもできるという。

ブルーシートや土のう以外にも防災用品が売れているという。停電への備えを想定し、ガソリンを入れて使うエンジン発電機の販売額は例年の6~7倍以上で推移しているという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

65件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World