メニューを閉じる
2019年11月13日(水)
6104 : 製造用機械・電気機械
東証1部

【成形機が中心】大型工作機械からシフト。傘下に半導体製造装置も。

現在値(15:00):
2,635
前日比:
+131(+5.23%)

9月工作機械受注35%減の989億円 12カ月連続マイナス

2019/10/9 15:56
保存
共有
印刷
その他

日本工作機械工業会(日工会)が9日発表した9月の受注額(速報値)は、前年同月比35.5%減の989億円だった。全体の受注額が12カ月連続のマイナス。業界で好不況の目安とされる1千億円も2カ月連続で下回った。米中貿易摩擦の影響により、設備投資を様子見する動きが続いており、需要底打ちの兆しがみえない。

9月の受注も1000億円に届かなかった

内需は28.5%減の460億円、外需は40.6%減の529億円だった。内需が10カ月連続、外需が12カ月連続でマイナスだった。

東芝機械は前年同月比で44.2%減の18億円と大幅減だった。精密加工機は需要があったが、幅広い工作機械で受注が低迷した。「中国は比較的堅調に推移したが、米国向けでボリュームが落ちた」という。

日工会は9月、2019年の受注見通しを1兆6000億円から1兆2500億円に引き下げた。18年と比べて約3割の減少で、リーマン・ショック以来の大幅な落ち込みとなる。工作機械大手のOKKは「内需で受注予測が下方修正され、先行きの不透明感が増している」とする。

6年4カ月ぶりに900億円を下回った8月実績と比較すれば、9月の受注水準はやや持ち直した。工作機械メーカー幹部は「8月は営業日が少なかったため、9月に反転することは想定内だ。依然として勢いはない」と厳しい見通しを示している。(福本裕貴)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

78件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World