メニューを閉じる
2019年11月18日(月)
7408 : 輸送用機械
東証1部

【航空機用内装品】厨房設備や化粧室に強み。シートや整備事業も。

現在値(15:00):
1,470
前日比:
+48(+3.38%)

航空機整備の監督強化 国交省、相次ぐ検査不正で

2019/9/24 22:19
保存
共有
印刷
その他

航空機部品メーカーで相次いだ検査不正を受け、国土交通省は整備場や部品工場の監督方法を見直す。これら事業場の責任者には役員クラスの配置を義務付け、四半期ごとに人員の配置状況の報告も求める。現場の監督を強め、経営陣や国が業務実態を把握しやすいようにして不正を防ぐ。同省は各社に通達しており、順次適用する。

航空法では、航空各社の整備場や搭載部品のメーカー工場について、製造や点検の方法を決めて国交省の認定を受けるよう定めている。検査工程などは資格を持つ作業員が担当する必要がある。

検査不正を巡っては、IHIのエンジン整備事業で無資格者による検査が発覚し、航空機内装品大手のジャムコでは一部の検査工程の未実施が判明している。IHIは国交省への報告書で、現場の作業能力を超えた業務の受注や、現場の実態が経営陣に共有されていなかったことが背景にあるとした。

問題を受けた新たな対策は、同省が認定する約150カ所の事業場が対象。8月に関連する通達を改正した。

まず今秋をメドに事業場の人員の配置状況を四半期ごとに同省に報告するよう定める。作業量が適正かどうかを監督するためだ。これまで作業員数の報告は受けていたが、業務量を把握する仕組みはなかった。

また事業場の責任者は社長ら各社トップが兼務するか、経営会議などに出席する立場の役員クラスをトップの指名で据えるようにする。実施は2年後を想定している。

従来はこうした決まりがなく、認定事業場を持つ企業の一部で、経営に関与できない人が事業場の責任者に就いていた。作業量が大幅に増えた場合などに、増員の必要性や業務受け入れの困難さなどの情報が経営陣に早く伝わるようにする。

同省は4月、立ち入り検査を原則抜き打ちとし、検査記録と出勤簿を照合して記録の確認も厳格にする対策を導入した。同省航空機安全課は「航空産業の拡大が続くなか、さらに監督を強化して事業場の品質管理を維持できるようにする必要がある」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

21件中 1 - 21件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World