メニューを閉じる
2019年11月21日(木)
8609 : 証券
東証1部(優先)

【独立系準大手】三重県が地盤。リテールと自己売買部門に強み。

現在値(15:00):
402
前日比:
+2(+0.50%)

証券主要19社の4~6月期、16社で最終減益・赤字

2019/7/31 19:39
保存
共有
印刷
その他

主要証券会社19社の2019年4~6月期決算が31日、出そろった。昨年10月以降の株式相場の急落を受けて個人投資家や海外投資家の日本株離れが進み、株式売買や投資信託の販売が低迷。16社が最終減益、または赤字となった。個人が主力の準大手、中堅・中小証券の利益水準はアベノミクス開始前の水準まで落ち込んだ。

同日決算発表した東海東京フィナンシャル・ホールディングス(FH)の4~6月期連結決算は、事業会社の売上高にあたる純営業収益が前年同期比25%減の129億円、純利益が84%減の2億5600万円だった。「1~3月期比では回復傾向にはあるが、高水準だった前年同期には追いついていない」(東海東京FHの川本公英副社長)

5月の大型連休以降、米中貿易戦争の激化などで相場の先行き不透明感が強まり、個人が投資を手控える動きが広がった。このため、個人向け株式売買などが主力の準大手、中小・中堅証券の苦戦が目立った。「日本株、投信とも落ち込んでいる」(岡三証券グループの田中充取締役)

岡三証券、いちよし証券水戸証券の3社が最終赤字となったほか、東海東京FH、岩井コスモホールディングス丸三証券東洋証券の4社が最終減益だった。主要な準大手、中堅中小9社の最終損益の合計額は16億円と前年同期比で68%減少。アベノミクス開始前の12年4~6月期(18億円の赤字)以来の低水準となった。

最終増益となった極東証券藍沢証券は米国株や新興国通貨などのトレーディング損益の改善が寄与した。「日本株や投信が低迷する中、少しでもリターンが得られそうな新興国債券、通貨などの需要は底堅い」(極東証券の茅沼俊三取締役)

7月以降も日本株の薄商いが続くなど事業環境の悪化に歯止めがかからない。各社は店舗運営の効率化や取扱商品の拡大で収益力向上を図る。岡三証券はグループのオンライン証券とコールセンター機能を10月をメドに統合し一体運営する新会社を立ち上げる。いちよし証券はファンドラップなど富裕層向けビジネスを拡大し「相場変動に左右されにくい収益体制づくりに注力する」(玉田弘文執行役)という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World