メニューを閉じる
2019年7月22日(月)
6594 : 半導体・電子部品
東証1部
JPX日経400採用

【精密モーター大手】HDD用は世界首位。M&Aで事業拡大。

現在値(15:00):
13,970
前日比:
-130(-0.92%)

ルネサス、トップ人事また迷走 再任3カ月で呉社長辞任

エレクトロニクス
2019/6/25 22:31
保存
共有
印刷
その他

半導体大手のルネサスエレクトロニクスがトップ人事を巡って再び迷走している。25日、呉文精・社長兼最高経営責任者(CEO、63)が再任から約3カ月にもかかわらず、30日付で退任すると発表した。後任には柴田英利・最高財務責任者(CFO、46)が7月1日付で昇格する。業績の悪化に伴う事実上の引責辞任で、大型買収による拡大路線は試練を迎える。

「今後の経営トップとして期待を満たしていない」。社長交代の発表文には呉氏への厳しい評価が並んだ。ルネサスが2018年11月に任意で設けた指名委員会が、トップ交代を取締役会に推奨したという。呉氏は3月の株主総会後の取締役会で再任されたが、取締役も退く。

指名委は、社外取締役3人とルネサスの鶴丸哲哉会長の計4人で構成される。関係者によると、指名委と呉氏は業績悪化への対応策などを協議したが、両者の間の溝が埋まらなかったという。

それまでも社内には、大型買収を決めた矢先の人員削減や研究開発費の絞り込みなど、呉氏のかじ取りに不満がくすぶっていた。

後任の柴田氏は大学卒業後、JR東海に入社し、新幹線の運転免許も持つ。米ハーバード・ビジネススクールで経営学修士号(MBA)を取得し、09年に官民ファンドの産業革新機構(現INCJ)に入社した。革新機構がルネサス支援を決めた時の投資責任者だ。13年にルネサス取締役に転じ、革新機構在籍中の救済スキーム策定から一貫してルネサスの再建に奔走してきた「陰の立役者」ともいわれる。

世界で戦える半導体メーカーを目指して10年に発足したルネサスは、東日本大震災や円高で経営危機に陥った。破綻の瀬戸際に追い込まれたが、革新機構などの金融支援を受け、大幅な人員削減や工場売却などを実施。15年3月期、現在の体制になって初めて最終黒字化を果たした。

成長を託されたのが呉氏だ。自動車部品のカルソニックカンセイ社長や日本電産副社長の経験を買われ、革新機構の主導で16年6月、ルネサスの社長兼CEOに就任。日本電産とたもとを分かった呉氏を起用したのは、「同社がルネサスを買収することを警戒した革新機構の思惑があった」(業界関係者)との見方もある。

呉氏が描いたのは買収による拡大路線だった。17年2月に米インターシル、19年3月に米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を計1兆円超で買収。主力のマイコンと組み合わせて使うアナログ半導体を強化した。呉氏は「ルネサスを変える」と意義を強調していた。

ただ華々しい買収の裏で本体の競争力は失われてきた。既存事業に必要な投資が十分に回らず、顧客離れも招いた。主力の自動車向け半導体などでシェアが低下し、19年1~3月期は12億円の連結営業赤字になった。決算期変更のため単純比較できないが、同期間としては7年ぶりの赤字になった。

その一因が18年に表面化した在庫問題だ。半導体需要を読み違え、在庫の積み上がりが工場稼働率の低下を招いた。今年に入り、主要工場の稼働を一時停止し抜本的な止血に動いたが、振れ幅が大きい半導体需要への対応に課題を残した。

買収で19年3月末の有利子負債は9651億円と、18年12月末の約5倍に膨らんだ。買収価格と買収先の純資産の差額を示す「のれん」は9000億円を超え、減損リスクを抱える。IDTについてはルネサス幹部も「買収価格が割高だった」と認める。株価は17年11月に1500円台をつけたが、足元は500円台に下がっている。

ルネサスの筆頭株主のINCJが招いた経営トップをめぐる混乱は、今回が初めてではない。15年末には、元日本オラクル社長を経て就任した遠藤隆雄氏が半年で会長兼CEOを辞任。当時の革新機構と成長戦略を巡って対立があったとみられる。

ルネサスが業績回復を果たした16年に取締役を外れ、当時は退任説もささやかれた柴田氏だったが、18年には再び取締役に復帰した。CFOとして呉氏と買収を主導してきただけに、買収の成果を示すと同時に業績回復も急ぐ必要がある。

柴田氏は25日、「成長路線に回帰するよう尽力する」などのコメントを発表するにとどめた。これまで再建などで「陰の立役者」と言われてきた柴田氏はルネサスの窮地を救えるのか。市場はその具体策を待ちわびている。(龍元秀明、増田咲紀、杉原淳一)

柴田 英利氏(しばた ひでとし) 95年(平成7年)東大工卒、JR東海入社。09年産業革新機構入社。13年ルネサスエレクトロニクス入社、18年取締役。神奈川県出身

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

295件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World