メニューを閉じる
2019年9月22日(日)
8043 : 食品製造
東証1部

【食肉卸の大手】食肉処理や加工食品など。海外進出にも積極的。

現在値(15:00):
4,380
前日比:
+10(+0.23%)

三井物産、中国で豪州産牛肉販売 貿易戦争で需要増

2019/6/20 18:37
保存
共有
印刷
その他

三井物産は20日、中国でオーストラリア産牛肉の販売を始めると発表した。食肉大手のスターゼンなどと7月、現地で合弁会社を設立する。米国との貿易戦争に伴い中国は2018年7月、米国産牛肉に25%の追加関税を課した。オーストラリア産牛肉の割安感が強まっており、需要が見込めると判断した。

オーストラリアから輸入される肉牛(青島)=ロイター

牛肉の加工販売を手掛ける三創商貿(広東省深圳市)を設立し、9月から事業を始める。資本金は5億円。出資比率は三井物産が55%、スターゼンが25%、中国の食肉販売会社が20%。三井物産がオーストラリアから輸入した牛肉を中国国内の小売店、飲食店、メーカーなどに販売する。

中国では所得の向上に伴って食の洋風化が進み、ステーキや焼き肉の人気が高まっている。BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)の発生で中国は米国産牛肉の輸入を03年に停止していたが、17年に再開した。うまみが詰まった「サシ」と呼ぶ脂分が多く、人気が高かった。

しかし、18年7月の米国産牛肉への追加関税で税率は37%に上昇。オーストラリア産牛肉は6%にとどまり、割安感が強まった。豪州ではかつて牧草で肥育した肉牛が多く、サシが少ないと言われた。最近は米国産と同じ穀物肥育の肉牛が増え、品質も高まっている。

三井物産は牛肉の加工販売でノウハウのあるスターゼンと組むことで中国事業を拡大する。まずは牛肉の消費が旺盛な広東省を中心に事業を展開する。事業開始から1年で売上高30億円、4年以内に150億円規模をめざす。将来は鳥肉や豚肉など取扱品目も増やす。

三井物産は10年にスターゼンと食肉事業で提携、16年には資本業務提携を結んで同社の筆頭株主となった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

26件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World