メニューを閉じる
2019年9月19日(木)
9474 : マスメディア
東証1部(優先)

【住宅地図最大手】カーナビ向け電子地図データ販売が主力。

現在値(15:00):
1,888
前日比:
+19(+1.02%)

「データで解像度を上げる」 古川健介(けんすう) アル代表取締役
#ファクトを活かそう 05

2019/6/27 6:30
保存
共有
印刷
その他

ハンス・ロスリング氏の著書「ファクトフルネス」が世界で約100万部のベストセラーになっている。テクノロジーが発達する中でも、データを基に世の中や未来を正しくとらえる習慣をつけようと提唱する。第一線で活躍する経営者や社会学者に、データの読み解き方や、人間が陥りやすい思考、ファクトの探し方などについて聞いた。5回目は、SNS上で若年層から支持を集める連続起業家「けんすう」こと、古川健介氏。

日経は若手社会人と共に考える場を作ります(Twitter:@nikkei_jisedai

■ネガティブバイアスを避けよう

――数々の事業を立ち上げた経験から、若い人から起業に関する相談を受けることも多いと思います。日本の起業の実情をどう考えますか。

相談を寄せてくる人の多くは、起業に対してネガティブバイアスがかかっている印象を受けます。「資金がない」「スキルがない」「経験がない」の3つを理由に起業をちゅうちょしているようです。しかし、中小企業白書のデータによると、若い起業経験者に「起業時に直面した課題」を聞いたところ、一番多かったのが「経営知識一般の習得」で、その次が「特にない」という回答でした。ということは、起業前に感じる不安はさほど気にすることないわけです。

ふるかわ・けんすけ マンガサービスを運営するアル代表取締役。ハウツーサイトの「nanapi」など、学生時代から多くのネット企業や事業を立ち上げてきた連続起業家。通称は「けんすう」

ふるかわ・けんすけ マンガサービスを運営するアル代表取締役。ハウツーサイトの「nanapi」など、学生時代から多くのネット企業や事業を立ち上げてきた連続起業家。通称は「けんすう」

以前、起業する人を増やそうという思いから「起業あと押しナイト」というイベントを開催しました。ここでも公的機関のデータを集めてきて、起業に関する不安をひとつずつ論破していきました。例えば「資金がない」という不安に対しては、日本政策金融公庫のデータを引用しました。「35歳以下の若者のうち、54.5%の人が自己資金50万円以下で開業している」「(開業時の)自己資金の多さと売り上げの増加傾向にはほとんど差がない」といったデータです。それでも、その時の参加者で起業した、という人は聞かないので、「あと押し」はできなかったですけどね(笑)。

――データを基に物事をとらえる思考はどのようにして身についたのでしょうか?

人と議論することを通じて身についたと思います。議論をする際、嫌な相手であるほど負かせたくなるので、論理で戦うための材料をデータに求めていったのだと思います。データを用いると論理的で建設的な意見が出ます。問題がブラッシュアップされるこの過程を「解像度が上がる」と呼んでいて、とても好きな言葉です。

ただ、一見論理的にデータが使われているように見えても、比較対象がずらされるなど、間違った結論が導かれることもあります。先日も「グーグルマップがゼンリンの地図データを使わなくなったらしい」というニュースにコメントした投稿に、たくさんのいいねがついていました。「ゼンリンをはじめ、日本は要素技術の水準は高いけど、サービス化が下手だよね。一方でアメリカの企業はうまいよね」という投稿です。いやいや違うでしょう、と。世界時価総額ランキング4位のグーグルとゼンリンを比較するのがまず違う。「グーグルがすごいから米国の会社もすごい」というのも違う。グーグルは米国の中でも特殊な企業なのに、あたかも米国の全ての企業がグーグルであるように語られている。

また、米国の中でもシリコンバレーは特異なので、シリコンバレーの出来事を米国全体のように言うのもおかしいです。同じようなことが「日本からスティーブ・ジョブズが生まれない理由」を語る場合にもあてはまります。ジョブズさんは米国でも1人しか生まれていないですよ(笑)。直感的にはこう思うけど、実は違うよねということはたくさんあるので注意が必要です。

■サービス作りの教訓

――インターネットサービスを作るという観点で注意すべきデータの取り扱い方はありますか。

サービスをたくさん使ってもらおうと取り組んだ施策が、結果としてユーザーの生活に良くない影響を与えてしまった経験があります。以前「アンサー」というユーザー同士のQ&Aサービスを運営していました。ある人が疑問や悩みを投稿すると、他のユーザーが回答してくれるというサービスです。スマホで簡単に質問ができて、返信もすぐにもらえるようにチャット形式にしました。

期待した通り大幅にやりとりが増え、投稿数は多いときで1日50万件になりました。ページビューや訪問者数といったデータも数字的にはとてもよかった。ただデータを掘り下げてみたら、1日20時間もアクセスしているヘビーユーザーがいることがわかりました。それってその人の生活を壊しているということですよね。それ以来、数字的に良い施策ばかりを追うことはよくないと思い、今でもサービスを作る上での教訓にしています。

刺激が強いものにユーザーのアテンションが集まりやすい点にも注意しています。以前運営していたメディアでは刺激が強い記事ばかりにならないように意識していました。ネットメディアは、短期的にバズりそうな記事を取り上げがちです。しかしデータを見ると、長期にわたって多くの人に読まれ続ける記事もあることがわかりました。皆が知っているだろうと思って書いた「フェイスブックの退会方法」や「缶詰の開け方」といった記事です。爆発的に注目が集まる記事が役立つとは限りません。

このインタビューも同じことがいえることかもしれません(笑)。僕のような会社員でない人間は自由に発言できるので注目を集めやすいですが、本当に価値のある情報は、日本の経済を支えている普通の社会人の中にあると思います。普通の人が持つ汎用性の高い事実を伝えたくて、一般の人にインタビューするメディアを運営していたこともあります。自分はどれだけ焼き鳥が好きだとかを語ってもらうサービスでしたけど、びっくりするほどつまらなくてやめました。どうしたらよいんでしょうね。

――ファクトを得るためにどんな工夫をしていますか。

認知心理学を参考にしています。大学生の時に「したらば」という匿名掲示板サービスを運営していた時から感じていたことですが、自然のアルゴリズムに任せると人はどんどん暗い方に引きずられます。ネガティブな発言ばかりが盛り上がってしまう。影響された人がさらにネガティブなことを書くので、それを防ぐように意識してサービス設計をしないといけないと思っています。

世の中にたくさん存在するマニュアルも立派なファクトです。多くの人が、仕事において自分の頭で考えることが大事だという思い込みを持っていると思います。でも、例えばカレーを作るときに「茶色で辛いからこんな材料なはずだ」って思って勘で作る人はいませんよね。ビジネスも同じです。世の中には既にレシピになるぐらい研究されたマニュアルがあるんだから、それを使いましょう。オリジナルは後工程ですよ。

■情報の独占を壊したい

――世の中の人により多くのファクトを届けるにはどうしたらよいでしょうか。

人の頭の中にある情報が社会に還元されるとよいなと思います。知識や情報は、影響力がある人など一部の人に集中してしまう側面がある。それを壊せると面白いと思っています。食べログが出てくる以前は、良いお店を知っているのは会食の多い男性の強みだったと聞いたことがあります。それが誰もが手に入るようになった。良い社会になっていると思います。

今年に入って「アル」というマンガサービスを始めました。僕はマンガが好きなのですが、面白いマンガに出会うきっかけは、ほとんど場合、友人からの推薦です。そこで好きなマンガを探せるアプリを作ろうと思いました。投稿されたお気に入りのコマや、口コミを参考にマンガを探すことができるサービスです。事業としては、マンガが売れないと会社の売り上げも増えない仕組みにしようと考えています。ページビューを稼いで、広告をたくさん貼って売り上げを増やすこともできると思うのですが、それでは出版社はうれしくないし、ユーザーにも意味がない。ユーザーと出版社に応援し続けてもらう設計になることが理想です。

日本経済新聞社は7月11日、『ファクトフルネス』の共著者を招いた記念講演を開催します。著書で語られている「世界の今をデータで読み解く」大切さを話してもらいます。詳細はTwitter(@nikkei_jisedai)から。

【「#ファクトを活かそう」記事一覧】
(1)データのない世界を歩め インテグラル代表 佐山展生氏
(2)ビジネスは打率で検証を THE GUILD代表 深津貴之氏
(3)エビデンスで考える APU学長 出口治明氏
(4)問題意識がファクトを生む 社会学者 上野千鶴子氏
(5)データで解像度を上げる アル代表 古川健介氏
(6)物事を常に問い続けよ CAMPFIRE代表 家入一真氏
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

50件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World