メニューを閉じる
2019年9月21日(土)
8043 : 食品製造
東証1部

【食肉卸の大手】食肉処理や加工食品など。海外進出にも積極的。

現在値(15:00):
4,380
前日比:
+10(+0.23%)

大塚食品が「代替肉」第2弾 肉に近いソーセージ

2019/6/11 16:56
保存
共有
印刷
その他

大塚食品は11日、食感や香りが本物の肉に近い「代替肉」シリーズから、ソーセージを18日に発売すると発表した。大豆由来で高タンパク質な一方、通常のソーセージに比べてカロリーが3割、脂質が5割少ない。欧米で注目を集める代替肉だが、日本での普及はこれから。健康志向で肉を食べたくても我慢している消費者らの需要を掘り起こす。

大豆由来で、本物の肉の見た目や食感に近いソーセージを発売する(11日、東京都千代田区の発表会で)

代替肉シリーズ「ゼロミート」にソーセージを追加した。まず首都圏のスーパーやコンビニエンスストアなどで発売する。年内にも中部や北陸地域などに販売エリアを広げる。2018年11月に代替肉のハンバーグを発売しており、第2弾となる。

大豆を主原料に、肉のソーセージのような食感や風味を再現した。希望小売価格は税別398円。生産面では食肉大手のスターゼンと連携する。

11日、東京都内で開いた記者会見で大塚食品新規事業企画部の嶋裕之部長は「欧米では、一般的な小売店でも代替肉のコーナーがある。日本で普及させるには他メーカーとも連携し、認知度を高めていく必要がある」と強調した。

代替肉はベジタリアンや糖質制限を実践している消費者が購入し始めている。生産面でも、家畜を育てるのに比べ、水や穀物の使用を大幅に抑えられるため、エコな食材として注目される。

欧米勢では、5月に米食品メーカーのビヨンド・ミートがナスダックに上場。株価が売り出し価格の約3倍まで上昇し、注目を集めた。植物由来の代替肉を手掛ける米インポッシブル・フーズは米バーガーキングに食材を供給する。食品世界最大手のネスレ(スイス)も参入している。

代替肉市場は19年に米国で1500億円、欧州連合(EU)で2000億円となる見通し。日本の市場規模は16年に約130億円で、22年には230億円まで伸びるとの予測がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

26件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World