メニューを閉じる
2019年6月27日(木)
5631 : 製造用機械・電気機械
東証1部
日経平均採用

【大型鋳鍛鋼に強み】樹脂機械も世界有数。電子製品へ傾斜。防衛関連。

現在値(15:00):
1,758
前日比:
-16(-0.90%)

カワテックス、高圧水素タンクを開発へ

環境エネ・素材
北海道・東北
2019/5/8 19:53
保存
共有
印刷
その他

タンク・プラント製造のカワテックス(北海道砂川市)は2019年内に高圧水素タンクを開発する。軽くて耐熱性に優れる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使う。水素ステーションなどでの活用を見込む。道内では日本製鋼所が室蘭市で開発を進めているが、中小企業では珍しい。3~4年後をめどに販売する。

水素ステーションや水素自動車での活用を見込む

開発するのは水素自動車に使われる容量60リットルのタンクだ。アルミ合金でできた容器にCFRPを巻きつけて補強する。既に材料の選定や製造工程については確認が終わった。今後は実際に内部から圧力を加えて容器を破裂させ、耐久性や破損の箇所を試験していく。

CFRPで補強したタンクの重量は1トン程度となる。分厚い金属で圧力に耐えられるようにした従来の製品(5~10トン)と比べ軽く、運搬に向いている。水素自動車のほか、何本も用意して水素ステーション向けに需要があるとみている。

タンクは予算の限られた民間企業でも手を出しやすい価格にする。現状の製造費はタンク1本につき250万円程度かかる。材料の調達費を抑えるなどして、将来はこれを100万円以下に抑える。河戸三千之社長は「今の価格帯ではほとんどの水素ステーションが赤字になってしまい、整備が進まない」と語る。

水素タンクは世界で開発が進められており、道内では日本製鋼所室蘭製作所が開発・販売を進めている。カワテックスは鉄やFRPなど複数の素材をまとめて加工するノウハウがあり、シェア争いで優位に立てるとみている。取引のあるガソリンスタンドが水素ステーションに転換する際にも、タンクの供給を提案する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

51件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World