メニューを閉じる
2019年10月19日(土)
6734 : 情報機器・通信機器
JQス

【ストレージ開発】ファブレス型企業。低価格商品に強み。

現在値(15:00):
1,047
前日比:
-36(-3.32%)

シンガポール防衛大手、ベルギーの通信衛星企業を310億円で買収

2019/3/28 16:11
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=中野貴司】シンガポールの防衛産業大手シンガポール・テクノロジーズ・エンジニアリング(STエンジニアリング)は、ベルギーの通信衛星関連企業「ニューテック・グループ」を2億5千万ユーロ(約310億円)で買収すると発表した。通信衛星の利用は自動車や都市づくりなど多様な分野に広がっている。STエンジニアリングは買収をテコにこうした事業を育成する狙いがある。

STエンジニアリングは通信衛星を使った都市関連事業を重点分野に位置づける

次世代通信規格「5G」の導入などで、通信衛星分野の機器やサービスの需要が高まるとも期待している。買収は2019年下期に完了する予定だ。

ニューテック社は通信衛星の送受信装置など関連機器の設計や開発、製造を手がけており、同分野で多くの特許も持つ。STエンジニアリングは既にシンガポールや米国で通信衛星事業を展開しており、研究開発部門の融合や取引先の相互紹介などで2億シンガポールドル(約160億円)の買収効果が創出できるとみている。

ヴィンセント・チョン社長兼最高経営責任者(CEO)は「今回の買収は、都市での移動や防犯に関連する事業を成長分野に位置づけるSTエンジニアリングの戦略と合致する」と意義を強調した。

STエンジニアリングはシンガポールの政府系ファンド、テマセク・ホールディングスが株式の約半数を保有する国策会社。従来主力だった防衛機器だけでなく、近年はロボットや都市運営を効率化するスマートシティー関連事業などにも事業を広げている。

18年9月には約700億円で米航空部品会社を買収すると発表するなど、M&A(合併・買収)に積極的な姿勢が目立つ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World