メニューを閉じる
2019年9月19日(木)
2120 : インターネットサイト運営
東証1部

【不動産情報サイト運営】主に賃貸住宅。物件掲載数が業界最多。

現在値(11:20):
681
前日比:
+8(+1.19%)

AIで賃貸物件の間取り3Dに、LIFULLがシステム開発

2019/3/5 13:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

不動産情報サイト「ホームズ」を運営するLIFULL(ライフル)は2019年3月4日、人工知能(AI)を使って賃貸物件の間取り図を3次元(3D)画像に自動変換するシステムを構築した。平面の間取り図のデータに和室や浴室といったメタデータを追加。結果のデータを機械学習させて3D画像を作る。同社は3D画像を家具の配置シミュレーションなどに生かし、不動産情報サービスの差異化につなげる。

3D画像のイメージ(出所:LIFULL)

3D画像のイメージ(出所:LIFULL)

AIベンチャーのABEJA(アベジャ、東京・港)のアノテーション支援サービスとアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)を組み合わせて構築した。アノテーションとは画像や音声をはじめとする非構造化データに属性などの情報を付与して構造化データを作成する作業のこと。ABEJAはクラウドソーシングの手法を使って顧客企業からアノテーション業務を受託する。属性データの付与や管理を担う自社開発ツールも併用する。

LIFULLはアノテーションを施した間取りデータを独自開発した機械学習プログラムで処理して3D画像を作る。機械学習プログラムはAWSの仮想マシンサービス「EC2」で稼働させている。同社は保有する700万件の物件情報について、順次3D画像を作る方針だ。システム開発コストは5カ月の開発期間でおよそ1000万円。

作成した3D画像を不動産情報サイトのサービス拡充に生かす。例えば仮想現実(VR)を使って物件を仮想的に内見したり、家具の配置や壁紙の種類をシミュレーションしたりといった機能を想定する。新築マンションの建築と同時に3Dの間取りデータを作って閲覧できるようにしているサービスは多いが、中古の物件の間取りを3D画像に変換して閲覧できるようにするサービスは珍しい。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 玉置亮太)

[日経 xTECH 2019年3月4日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World