メニューを閉じる
2019年6月27日(木)
6255 : 製造用機械・電気機械
マザーズ

【太陽電池の製造装置】様々な技術を蓄積。ラインを一括受注。

現在値(15:00):
273
前日比:
+9(+3.41%)

平林金属、太陽光パネルのリサイクルに参入

2019/2/20 17:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

鉄や非鉄金属などのリサイクル事業を手掛ける平林金属(岡山市)は、太陽光パネルのリサイクルに関する研究プロジェクトを開始すると、2019年2月18日に発表した。

岡山市にある「リサイクルファーム御津第二工場」に、太陽光パネルを部品ごとに分離・回収する装置を導入した。

ガラス分離装置(出所:平林金属)

ガラス分離装置(出所:平林金属)

導入したのは、ジャンクションボックス分離装置、アルミフレーム除去装置、ガラス分離装置の3つの装置。このうち、ガラス分離装置はホットナイフ分離法と呼ばれる手法を採用し、エヌ・ピー・シー製の装置を導入した。

いずれも、太陽光パネルに特有のリサイクル関連装置となる。こうした装置に、先行分野でも広く使われているシュレッダー、カッターなどをはじめとする装置や技術を組み合わせ、太陽光パネルのリサイクルに適した技術を開発していくとみられる。

使用済み太陽光パネルの回収やリサイクル、適正処理は、太陽光発電市場が本格的に立ち上がって間がないことから、回収の仕組みや再利用技術も手探りの状況にある。

今後、大量に廃棄される使用済みパネルに関しては、回収して適正に処理できるかが問われる。野ざらしにされたり、不適切な方法で処理されたりする状況は避けなければならないが、すでにこの点に関し、17年秋に総務省が勧告している。

回収の仕組みや関連法が整備され、先行している家電や自動車のリサイクル関連事業の大手である平林金属のような企業が、太陽光パネルのリサイクルに本格的に参入すれば、先行分野の知見を生かし、適切な手法や仕組みがいち早く確立できる可能性もあり、期待される。

平林金属でも、今回の研究プロジェクトを通じて、太陽光パネルの大量廃棄時代に向け、より精緻なリサイクルスキームを構築したいとしている。

同社は、太陽光発電協会(JPEA)が18年8月に発表した、使用済み太陽光パネルの適正処理が可能な産業廃棄物中間処理会社の1社である。

(日経BP総研クリーンテックラボ 加藤伸一)

[日経 xTECH 2019年2月19日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

8件中 1 - 8件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World