メニューを閉じる
2019年9月24日(火)
4369 : 化学・化成品
東証1部

【半導体用化学薬品製造】低誘電率の絶縁膜材料で世界的シェア。

現在値(15:00):
6,570
前日比:
+260(+4.12%)

「半導体は好調、さらなる進出を」台湾、都内で説明会

2019/1/25 16:10
保存
共有
印刷
その他

台湾で科学技術政策を担当する科学技術部は23日、台湾で手掛ける工業団地「科学園区(サイエンスパーク)」に日本企業を誘致する説明会を都内で開いた。担当幹部らは「台湾の半導体業界は好調。設備や部品を納める日本企業は重要なパートナーだ」と訴え、日本企業の誘致拡大に期待感を示した。

台湾の科学技術部は都内で説明会を開いた(23日、東京都千代田区)

科学技術部の許有進・政務次長(副大臣)は「科学園区は電気などのインフラが整い、周辺には大学があり人材も豊富だ。税金の優遇など支援策も拡充している」と強調した。北部の新竹科学園区の王永壮局長は記者団に「(半導体受託生産の世界最大手である)台湾積体電路製造(TSMC)などが新規投資をしている。川下分野の材料や関連技術を持つ日本企業にもっと進出してほしい」と語った。

サイエンスパークは1980年から整備を開始し、台湾の北部と中部、南部で展開している。全体の売上高は18年1~10月が約2兆1000億台湾ドル(約7.5兆円)と前年同期比で5.6%増加した。日本企業は約50社が進出し、外資系企業の中でも多いという。

基調講演した、みずほ証券の中根康夫シニアアナリストは「液晶パネルでは中国勢が台頭し、台湾勢が苦境に陥っている」と解説。半導体分野については「TSMCの優位性は10~20年後も変わらない。同社と取引するために台湾に進出するのはありだろう」と話した。

サイエンスパークに入居する半導体関連材料メーカー、トリケミカル研究所の担当者は「入居すると台湾での企業イメージが良くなる。人材採用の面で優位に働くだろう」と語った。

23日の説明会には100社を超える企業から約170人が参加した。25日には大阪市でも同様のセミナーを開いた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World