メニューを閉じる
2019年7月18日(木)
5966 : 製造用機械・電気機械
東証2部

【作業用工具首位】自動車用、汎用工具が中心。医療器具も展開。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

日立、鉄道車両製造にAR ボルト締め作業効率2倍に

2019/1/15 17:10
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

日立製作所とYAMAGATA(ヤマガタ、横浜市)、京都機械工具(KCT)の3社は、鉄道車両の製造に拡張現実(AR)技術を導入してボルトの締結作業を効率化するシステムを開発したと2019年1月11日に発表した。特徴は作業者が装着するスマートグラスに締結すべきボルトの位置を表示する点や、スマートグラス付属のカメラで作業後の様子を撮影して検査工程の手間を減らせる点である。

AR(拡張現実)技術によるボルト締結の概要(出所:日立製作所)

AR(拡張現実)技術によるボルト締結の概要(出所:日立製作所)

鉄道車両の製造ではボルトが走行中に緩まないように締結する必要がある。日立は従来、通信機能を持つトルクレンチを使って、作業者がボルトを既定のトルクで締めたかを自動で記録するシステムを運用していた。タブレット端末からの指示に従って必要なボルトを選び出して締結する仕組みだ。

従来のシステムは作業後にボルトが実際に締結されているかどうかを確認するため、人による複数回の検査が必要だった。そこで、スマートグラスに付属するカメラを使って、作業後の様子を自動的に撮影する仕組みを構築した。「検査工程を減らせるため、締結作業の時間を半分に減らせる」(担当者)。

日立は鉄道車両を製造する笠戸事業所(山口県下松市)で約40人分のシステムを導入して検証を進める。19年度下期の実運用開始を目指す。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 斉藤壮司)

[日経 xTECH 2019年1月11日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

7件中 1 - 7件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World