メニューを閉じる
2019年11月22日(金)
4594 : バイオ・医薬品関連
マザーズ

【がん治療薬の開発】患者の免疫機能を利用するがん治療薬の開発。

現在値(15:00):
299
前日比:
±0(±0.00%)

AIでがん治療、ブライトパス 東大と研究

2018/12/27 18:25
保存
共有
印刷
その他

バイオベンチャーのブライトパス・バイオ(福岡県久留米市)は人工知能(AI)を使ったがんの免疫療法を東京大学と共同研究すると発表した。東大がAIの演算設計などで協力する。共同研究の成果を同社の開発する新薬の早期の臨床試験の実現につなげる。

細胞の表面には抗原と呼ばれるたんぱく質が作られ、その中にはがん細胞のみに作られる「ネオアンチゲン」という抗原もある。これを薬の標的とすればがんを効率よく治療できる。一方でネオアンチゲンは遺伝子変異によって様々な構造をとり、1つの薬の効果にも個人差が出やすい。

ブライトパスは患者個人の腫瘍を調べ、標的とするネオアンチゲンを決め、特注薬を用意する「完全個別化がん免疫療法」の開発を目指している。AIでネオアンチゲンを効率的に絞り込む。

共同研究する東大の宮野悟教授は米IBMのAI「ワトソン」を活用し、世界の医学論文のデータから患者に最適な治療法を選択する研究で実績があり、AIの精度を高めるために助言する。

ブライトパスは2003年設立。15年に東証マザーズに上場し、メラノーマ(悪性黒色腫)や非小細胞肺がんの治療薬の開発に向けた臨床試験を進めている。18年3月期の売上高は3億5400万円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

16件中 1 - 16件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World