メニューを閉じる
2019年8月24日(土)
2790 : 専門店・ドラッグストア
JQス

【ホームセンター大手】九州・中国が地盤。オリジナル商品が強い。

現在値(14:46):
1,342
前日比:
-7(-0.52%)

LIXILビバ、九州で出店加速 居抜き活用
5年で10店に

2018/12/8 6:30
保存
共有
印刷
その他

首都圏を地盤とするホームセンター、LIXILビバが九州進出を加速する。7月に初進出し、現在2店を展開するが、2019年度をメドに新たに3店。5年以内に九州で10店舗体制にする。九州は流通の激戦区だが、他社の大型店跡に「居抜き」でコストを抑えながらスピード出店し、店舗網を広げる。九州での売上高を200億~300億円に増やす目標だ。

2店舗目をイオン九州の大型店跡に出店した(福岡県岡垣町の店舗)

LIXILビバは全国で94店舗を展開し、このうち6割を首都圏が占める。九州は首都圏から遠く、ナフコやグッデイなど地元ホームセンター大手との競争も激しく、これまで出店してこなかった。

ただインターネット通販の普及で、総合スーパー(GMS)大手などが自前の売り場を食品に集約する動きなどが増加。居抜き出店を多くすることで、採算性が見込めると判断した。

7月に九州1号店を佐賀市、11月には2号店を福岡県岡垣町に開いた。売り場面積はどちらも約1万平方メートル前後で、同社としては標準的な広さ。どちらも、イオン九州が運営していた店の一部を改装し、居抜きで出店した。

新店の開発期間は通常2~3年だが、こうした居抜きの場合1年ほどに短縮できる。改装などの費用も3分の1程度に抑えられるという。同社は今後もこうした手法を活用し、早期に店舗網を広げて地域の収益性を高める。

出店地はまず福岡県や佐賀県など九州北部を中心に検討する。建築やリフォーム事業者向けの資材を豊富に扱う強みから、オフィスや飲食店などの改装需要がある郊外が有望とみる。商圏人口は30万人以上とする。目標とする九州での売上高について渡辺修社長は「5年以内をメドに200億~300億円にしたい」と話した。

日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会(日本DIY協会、東京・千代田)の推計によると、17年度のホームセンター市場は3兆9890億円。4兆円を前に足踏み状態が続いている。

背景にあるのが他業態も含めた競争の激化だ。来店頻度が見込める日用品を広く扱い、食品や医薬品といった得意分野で差別化する戦略はドラッグストアやスーパーとも共通する。ネット通販との台頭も著しく、旧来通りの出店戦略では成長が難しくなってきている。

LIXILビバは得意分野に事業を集中させる企業が出ているのを好機とみて、新たに九州市場の取り込みを狙う。

ホームセンターでは他の小売業と同様、人手不足などによるコスト負担が増し、収益性を高めるため、開店費用を抑える取り組みが重要になっている。

一方で、地方の人口減などで市場の縮小も予想され、各社は都心により近い場所での出店を狙う。ただ、立地の良い大型の敷地は少ない上、出店費用の低減との両立も困難だ。

そんな中、大型店舗を持つ総合スーパー(GMS)で、売り場の集約といった構造改革の動きが活発化。ユニーの店舗を承継するドンキホーテホールディングスなどを筆頭に、大型店舗の新陳代謝が進んでいる。

九州でも、イオン九州などのGMSで店舗改革の動きが相次ぐ。立地の良い居抜き店舗を活用した出店戦略は、今後、九州企業の間でも激しさを増しそうだ。(鳥越ゆかり)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World