メニューを閉じる
2019年10月21日(月)
2315 : システム・ソフトウエア
JQス

【システム開発】フィンテック技術を軸に事業領域拡大。

現在値(15:00):
24
前日比:
+1(+4.35%)

「Zaif」のテックビューロ、仮想通貨67億円分流出
2社に支援要請、経営陣は辞任へ

2018/9/20 7:33
保存
共有
印刷
その他

仮想通貨交換会社のテックビューロ(大阪市)は20日、不正アクセスによって仮想通貨「ビットコイン」などが流出したと発表した。被害額は約67億円とみられ、このうち約45億円は顧客の資産という。同社は金融情報サービスを手掛けるフィスコのグループ会社など2社に資金・技術面での支援を要請した。顧客資産は「被害が及ばないよう準備を行う予定」としている。

【関連記事】金融庁、テックビューロに立ち入り検査へ

テックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨交換所「Zaif(ザイフ)」がハッキング被害を受け、入出金が停止していることを知らせる同社サイトの画面

テックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨交換所「Zaif(ザイフ)」がハッキング被害を受け、入出金が停止していることを知らせる同社サイトの画面

テックビューロは改正資金決済法上の登録業者。同社は今年3月と6月の2度にわたり、金融庁から業務改善命令を受けている。

今回の発表によると、9月14日午後5時ごろから7時前後までの間に同社の交換サービス「Zaif」に外部からの不正アクセスがあり、インターネットにつながれた状態にあるホットウォレットと呼ぶ保管場所から仮想通貨が流出した。流出したのはビットコインや「ビットコインキャッシュ」「モナコイン」の3種類。

テックビューロでは17日にサーバーの異常を検知しこれらの仮想通貨の入出金を停止した。18日には流出被害を確認したため、金融庁や捜査当局へ届け出たという。Zaifの公式ツイッターでは18日に「お客様の資産の安全を確認しました」とも説明していた。

テックビューロは20日、フィスコのグループと、流出した顧客資産分に相当する約50億円分の金融支援やテックビューロ株式の過半数の取得、半数を上回る取締役や監査役1人の派遣について検討することで合意した。システム開発のカイカとも、セキュリティー向上のための技術提供で合意した。

仮想通貨の入出金の再開時期は現時点では未定。顧客資産の確保やフィスコグループによる経営権の獲得の後に、テックビューロの現在の経営陣は退任するとしている。

仮想通貨交換会社を巡っては今年1月、大手のコインチェック(東京・渋谷)で約580億円分の不正流出が発生した。このときもネットにつながるホットウォレットで多額の仮想通貨を管理していたことが問題になった。

【関連記事】仮想通貨の業界団体、会員企業に点検要請
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

5件中 1 - 5件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World