メニューを閉じる
2018年11月15日(木)
2502 : 飲料・たばこ・嗜好品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【ビール首位】ビールが強み。飲料や海外事業の拡大進める。

現在値(13:29):
4,991
前日比:
+29(+0.58%)

8月のビール系飲料販売、猛暑でも前年比2%減少

サービス・食品
小売り・外食
2018/9/12 15:16
保存
共有
印刷
その他

ビール大手4社の8月のビール系飲料の販売量が12日、まとまった。今夏は記録的な猛暑となったが、台風や3月以降の業務用商品の値上げの影響もあり、市場全体は2%減少したようだ。メーカー別では7月に続き、キリンビールだけが前年実績を上回った。消費者のビール離れが強まる状況では、猛暑がビール需要を大きく押し上げる構図は成立しなかった。

ビール系飲料の販売は振るわない(東京都千代田区のライフ神田和泉町店)

キリンのビール系の販売量は前年同月比で9%増えた。第三のビールが43%増と全体をけん引した。3月に発売した「本麒麟(きりん)」の販売が好調を維持し、イオンなど流通大手のプライベートブランド(PB)の販売も全体を押し上げた。PBを除いてもビール系全体で前年同月の実績を上回ったという。

サントリービールのビール系飲料の販売量は前年同月に比べて5%減った。ビールは3%減、第三は6%減だった。ビールの販売減は「ザ・プレミアム・モルツ(プレモル)」に営業を集中する戦略の影響で「ザ・モルツ」の販売が落ちているためだ。第三のビールの販売では「頂」を昨年7月に発売したことに伴う反動減が出た。

アサヒビールのビール系は前年同月比4%減った。第三が競合の攻勢を受けて8%減った。9月に「プライムリッチ」の刷新を控え、流通側で在庫を減らす動きが出たことも響いたという。今後は7月に発売したアルコール度数が7%と高めの「クリアセブン」などで反転攻勢をかける。サッポロビールはビール系全体で1%減。主力ブランド「黒ラベル」の販売が好調なビールが8%増えたが、第三の落ち込みを補いきれなかった。

猛暑に関しては「市場全体で約2.8%の押し上げ効果があった」(キリン)、「追い風となったが、台風のマイナス影響もあった」(サントリー)との見方がある。アサヒは災害や業務用商品の値上げと同様に、猛暑をマイナス要因にあげた。サッポロも「暑すぎたマイナス影響はあったのでは」と説明している。

市場は前年同月比で2%減ったもようだが、PBも含むと全体で横ばいだったとみられる。ただし消費者が缶チューハイなどを好んで飲む傾向は続いており、ビール離れに変化はみられない。

(湯前宗太郎)

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

443件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World