メニューを閉じる
2019年7月20日(土)
本社住所 〒 531-0071 大阪市北区中津1-5-22

皮膚にできる赤いあざ 乳児血管腫に飲み薬登場
治療の選択肢広がる

2018/8/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

乳児血管腫は新生児の皮膚の表面や内部に赤いあざができる病気だ。つぶつぶがある外観から「いちご状血管腫」とも呼ばれる。日本人の100人に1人程度が発症するとされる。赤みは自然に薄れることが多いが、部位などによっては発達に悪影響を与え、皮膚のたるみや痕が残ることもある。従来のレーザー照射療法などに加え、最近は乳児期でも飲みやすく効果的な内服薬が登場し、治療の選択肢が増えている。

横浜市に住む30代の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

4件中 1 - 4件

  • QUICK Money World