メニューを閉じる
2020年12月1日(火)
7162 : 投資
JQス

【持ち株会社】投資顧問と自己勘定投資事業を担う子会社を傘下に。

現在値(15:00):
366
前日比:
-12(-3.17%)

大学VC 精鋭OBが一肌
民間で培った力 投資に注ぐ 外部評価高め学生呼び込み

2018/5/16付
保存
共有
印刷
その他

大学が立ち上げたベンチャーキャピタル(VC)が、金融機関の実務経験者など民間出身の人材を登用する動きが広がっている。大学のOBらを招き入れ、成長性が高い企業の発掘・投資に力を注ぐ。目的は投資収益の獲得だけではない。有望なベンチャー企業を育成できれば外部の評価が高まり、優秀な研究者や学生を集めやすくなるとの狙いもにじむ。

IGSの福原社長(左)と経営戦略を話し合う東京理科大学インベストメント・マネジメントの片寄社長

みらい創造機構の岡田社長は東京電力(現東京電力HD)で原子力技術の開発に携わった

慶応イノベーション・イニシアティブの山岸社長はグリーの副会長などを務めた

「次の販促活動をどうするか」「サービスの改善点は」――。4月初め。人工知能(AI)を使った人事評価システムなどを開発するIGS(東京・渋谷)本社に、福原正大社長と熱心に経営戦略を協議する男の姿があった。IGSの経営を支援する大学VC、東京理科大学インベストメント・マネジメント(TUSIMCo、東京・新宿)の片寄裕市社長だ。

TUSIMCoはその名の通り、東京理科大を母体とするVC。2014年に設立し、運用会社のアストマックス(東京・品川)グループと連携して投資先の発掘や経営支援を担っている。

片寄氏は東京理科大のOBで、第一生命保険やゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントで未公開株やデリバティブを運用していた。有望な出資先となるベンチャー企業探しに、運用業界で培った人脈と目利き力を生かしている。

片寄氏と二人三脚で投資先の支援に奔走する高田久徳取締役も民間出身だ。片寄氏の第一生命時代の同僚で、証券化商品などの運用を担当していた。これまでの経験を生かし「産業や人材の育成に携わりたい」とVCの世界に飛び込んだ。

TUSIMCoとアストマックスは約40億円で1号ファンドを組成。これまでにIGSをはじめ、人材サービスのビズリーチなど10社に十数億円を投資した。年内に50億~100億円規模の2号ファンドも立ち上げる計画だ。

大学VCのはしりは2004年に設立した東京大学エッジキャピタル(東京・文京)。その後しばらく設立の動きはなかったが、転機は14年に訪れる。政府が国立大のベンチャー投資を認め、東大のほか京都大学や大阪大学、東北大学に投資資金を提供。それぞれにVCが発足した。

この動きに触発され、他の国立大や私立大の間にも、政府資金を得ることなくVCを立ち上げる動きが広がってきた。

慶応義塾大学が野村ホールディングスと共同出資で15年に設立した慶応イノベーション・イニシアティブ(KII、東京・港)もそのひとつだ。45億円規模のファンドを組成して16年に投資を始め、これまでに約10社に投資した。

KIIを率いる山岸広太郎社長は慶応OB。グリーの共同創業者で副社長や副会長を務めた。「世の中を変える新しい技術やサービスに関わり続けたい」と母校の仕事に関わることを決めた。創薬ベンチャーなど、資金回収までの期間が長い業種の投資にも積極的だ。

みらい創造機構(東京・千代田)は東京工業大学が関連するベンチャー企業に積極的に投資するVCだ。岡田祐之社長は東京電力(現東京電力ホールディングス)で原子力技術の開発などに携わった。現在は約10社に投資。豊富な技術経験と知識を生かし、東工大の技術シーズの事業化に一役買っている。

「母校のため」と一肌脱いだ精鋭OBが集う大学VC。大学経営が厳しさを増すなか、その存在感はさらに高まりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World