トップ > 連載 > 創論・時論 > 読者アンケートの結果

創論・時論

フォローする

 「創論・時論」は先が読めない時代のヒントを識者と読者、記者が一緒に考えるコーナーです。電子版では各回のテーマにあわせて登録会員を対象とした調査を実施し、結果を紙面と電子版に掲載します。今週(5月12日~5月15日)のテーマは「非正社員はさらに増えるかです。会員でない方はこちらから登録できます。

心配な海外リスク「殺人や強盗」44%

 海外で遭遇しうるリスクで最も心配なものは何か。日本経済新聞電子版の読者に聞いたところ、「殺人・強盗などの犯罪」が44%と最多だった。「政変やテロは起こりにくい国を選べるが、殺人などはそうもいかない」…続き (2012/11/11)

海外で最も心配なリスクについての読者のご意見

政変やテロは起こりにくい国を選んだりすればある程度防げるが、殺人や誘拐といった犯罪は避けようがない場合が多いのではないか。…続き (2012/11/11)

海外リスクを防ぐ有効策についての読者のご意見

まずは訪れる国の歴史と文化をよく知ることと。行ってはいけない場所とやってはいけないことは前もって確認すべきだ。…続き (2012/11/11)