トップ > 連載 > 第一三共社長の課題

フォローする

「製薬」は、世の中をよくできるか。

 日本経済新聞社は、読者や企業の皆さんと一緒に日本の課題について考え、議論する「未来面」をスタートさせました。今回のシリーズのテーマは「革新力」です。日本経済新聞の紙面と電子版を通じて経営者と読者が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。企業のモノ作りは、サービスは、金融は世の中をよくできるのか。革新的なアイデアをお寄せください。

「チームが変革するためメンバーは何をなすべきですか?」 中山譲治・第一三共社長 経営者編第11回(10月3日)

中山譲治 第一三共社長 

 第一三共は、がんに強みを持つ先進的でグローバルな創薬企業を目指しています。2025年までにこの目標を達成するために、我々は最先端のサイエンスを応用し、組織を変革し、患者さんのニーズに合った新薬を生み…続き (2016/10/3)